『島根大学総合博物館アシカル』は入館無料なのに資料の数がハンパない!

編集部いしやん
編集部いしやん

昨年6月にオープンしていた『島根大学総合博物館アシカル』

島根大学の松江キャンパス内、生物資源科学部3号館の1階にある『島根大学総合博物館アシカル』。館内には骨格標本や化石、土器など、およそ800点もの所蔵品がずら~り。以前にもミュージアムが3ヶ所にあったそうですが、所蔵品の集約と、より気軽に見学できるようにとこの博物館を新設したそうです。土曜も開館しているので、親子で“初めての博物館見学”にもピッタリですね。
隠岐に生息していた「隠岐馬」の骨格標本をはじめ、種類も様々な展示が並んでいます。
あまり大学に行く機会はないけれど、所蔵品の多さはさすが大学! 館長へ質問ができる質問コーナーも好評ですよ。

島根大学総合博物館アシカル

シマネダイガクソウゴウハクブツカンアシカル

電 話:0852-32-6496

住 所:島根県松江市西川津町1060 島根大学松江キャンパス生物資源科学部3号館1F

営 業:10:00~17:00

休 み:日曜、祝日

料 金:入館無料

駐 車:島根大学駐車場を利用

情 報:HP

シェアする!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
編集部いしやん

タウン情報Lazuda

編集部いしやん

島根・鳥取のタウン情報誌「Lazuda」編集部スタッフ。島根県松江市出身→浜田市→大阪→奈良→松江市在住。「日刊Lazuda」では編集デスクを務めています(ただの机です)。喫茶店の冷えたおしぼりと、帽子が大好物な三十路。日刊Lazudaでは主にグルメ、ショップ、キッズ関係の記事を担当しています。あ、あとバツイチ&2児のシングルファーザーです。(←どうでもいい??)

twitter:https://twitter.com/Lazuda_com

facebook:https://www.facebook.com/tj.lazuda/

子連れ・家族旅行