【しまとりクイズ】まるで宝石!キラキラ光るフルーツ大福ができるまでの驚きの製法とは!?@第7問

編集部あつきち
編集部あつきち

鳥取・島根に詳しくなれる(!?) 『しまとりクイズ』のコーナー!

鳥取・島根に詳しくなれる(かもしれない)クイズコーナー第7弾です!

このコーナーでは、取材先での発見や地元で話題になっているもの、地元の方から聞いたお話しなど、様々なことをクイズ形式で紹介していきたいと思います!

ぜひ日頃の話のネタとして使ってみてください♪

■■話のタネ!しまとりクイズ過去問集■■

さっそく問題!(出雲市編)

昭和28年創業の島根県出雲市の和菓子屋『吉岡製菓』
出雲大納言を使った「きんつば」や島根県産の米を使った「だんだんご」などの看板となる和菓子を販売する一方、“大福だけど洋風”な新しい形のフルーツ大福を販売しています。

“大切な人への贈り物”、お家では“特別な日のおやつ時間”といった場面で活躍するのが写真の「よしおかジュエリーボックス」。
冬から春にかけては「ルビーのいちご」を販売、いちごと入れ替わりのタイミングで登場する「真珠のメロン」。

いちご、メロンどちらにも“小麦・卵・乳製品”を使わずに作られていることが特長です。しかしこのほかにも“すごい!”と驚かされることがあります。

それはなんでしょう!?

 

 

A:厳選した国産の高級フルーツを使っている
B:JALのファーストクラスの機内食として採用されている
C:手をふれずに大福を作っている

 

 


正解は~~~~……

ABC「すべて」です!!!

Σ(・□・;)

6月から登場! 国産メロンがゴロっと入ったみずみずしい逸品

真剣に悩んでくださった方がおられましたら、すみません。今回は引っ掛け…といったところでしょうか。正解は全部でした。

しかし、その中でも気になるのがCの「手をふれずに作られる」という点。「よしおかジュエリーボックス」シリーズのフルーツ大福は、機械製造ではなく「手作り」なのに、手をふれずに作っているのです! ど、どういうこと~! すごく知りたいのですが、その理由は……企業秘密!(ですよね~)

「アートと同じで、お菓子も芸術そのもの」との3代目店主・吉岡洸さんの考案で、手のぬくもりでフルーツの鮮度を損ねてしまわないよう工夫されています。なので、新鮮な果物そのものをギュッと閉じ込めたとってもジューシーな大福なのです。

6月から登場したのが、新鮮な国産メロンがゴロっと入った「天使の真珠 メロンDAIFUKU」。暑い夏に水分たっぷりの甘~いメロンが体を潤してくれますよ。

オンラインショップでの予約を先行販売としており、2個売り(1269円)~。店頭販売では、前日までに電話での予約があれば用意できます。

食べた瞬間フルーツの瑞々しさに驚きます! この夏ギフトなどにいかがでしょうか?

吉岡製菓

ヨシオカセイか

電 話:0853-72-4566
住 所:島根県出雲市斐川町荘原3940 [MAP]
営 業:9:00~19:00
休 み:火曜
駐 車:あり
情 報:HP

シェアする!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
編集部あつきち

タウン情報ラズダ編集部

編集部あつきち

日刊webラズダ編集部。鳥取県出身の元栄養士でありながらもっぱら食べる専門。
食べること、週末のビールをモチベーションに日々の業務に取り組んでいる(らしい)。好きな食べ物は大豆製品。最近のブームは焼肉。

【あつきちの過去の記事一覧はこちら】

ラズダ公式Instagram

あつきちのInstagram