大正時代創業の老舗ベーカリーで懐かしい『杉本パン店』でパンをジャケ買い

編集部いしやん
編集部いしやん

学校給食でもお馴染み? 地元民ご用達のベーカリー

大正時代から続く老舗のパン屋さん。昔から小学校をはじめ、給食パンを卸していることもあり、懐かしい味を求めて訪れる地元客も多いとか。

店内には創業当時からのロングセラー「ワレパン」など、レトロなパッケージに包まれた菓子パンや惣菜パンが多数。休憩がてら昔ながらのホッとする味に出合いに行ってみませんか?

手前のバタークリームを挟んだコッペパン「ワレパン」(110 円)は、バラをあしらったパッケージが印象的。

杉本パン店

スギモトパンテン

電 話:0854-22-2415

住 所:島根県安来市黒井田町429-20

営 業:7:00~18:30

休 み:日曜

駐 車:6台

シェアする!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
編集部いしやん

タウン情報Lazuda

編集部いしやん

島根・鳥取のタウン情報誌「Lazuda」編集部スタッフ。島根県松江市出身→浜田市→大阪→奈良→松江市在住。「日刊Lazuda」では編集デスクを務めています(ただの机です)。喫茶店の冷えたおしぼりと、帽子が大好物な三十路。日刊Lazudaでは主にグルメ、ショップ、キッズ関係の記事を担当しています。あ、あとバツイチ&2児のシングルファーザーです。(←どうでもいい??)

twitter:https://twitter.com/Lazuda_com

facebook:https://www.facebook.com/tj.lazuda/

パン屋・ベーカリー歴史・伝統