スタッフおすすめ記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

【藤原さんの育児学 番外編】宇沢弘文の全てが分かる? 佐々木実講演会を開催します

イベント

レインディア藤原さん
レインディア藤原さん

米子市出身の経済学者、宇沢弘文を知っていますか?

 突然ですが皆さんは、宇沢弘文(うざわひろふみ)という経済学者をご存じですか?

米子市出身で、米子市役所を入った右手に“市民栄光賞”受賞者として写真が飾られています。私はこの宇沢弘文氏の功績を讃え、学ぼうとする「よなご宇沢会」という会に参加しています。

宇沢先生は「知の巨人」といわれ、ノーベル経済学賞の候補に何度もなり、おしまれながら2014年に 亡くなられました。

 私は、その後に会へ誘われたので、最初は「誰?」という状況でしたが、『今井書店 本の学校』で開催された例会には、地元で活躍する弁護士や医者、彫刻家、作家、教員に公務員、主婦、保育士など、集まっている面々が普段出会わない方ばかりで、そこに魅力を感じたものです。

そこで始めて聞く「経済学者宇沢弘文の思想」は、私にはとても受け入れやすかったことも覚えています。

当時も今も私は、現代の格差問題や教育問題、環境問題のひとつの選択肢として、「北欧社会」を提案していたのですが、彼の「社会的共通資本」という概念は制度としてとても近かったのです。

その後、スウェーデンに造詣の深い東大名誉教授の神野直彦先生に当会主催フォーラムで講演いただき、宇沢経済学と北欧との繋がりを知ることもできました。宇沢先生は、スウェーデンにも住まわれており、炭素税の制度構築やスウェーデンで開催された地球温暖化会議初代メンバーであったことも分かりました。

ローマ法王に助言をしたり、自民党内閣に提言をしたり、社会科の教科書を作ったり、さらにノーベル経済学賞受賞者を次々と生み出したりもしています。

分かりやすく現代で例えるなら、経済学会のイチローのような、世界を変えた先生が宇沢弘文であり、

国連が制定した、今話題の持続可能な開発目標SDGsにも繋がる、次の社会の基礎を考えた人なのです。

 

今回は、先生に魅せられたジャーナリストの佐々木実氏が、渾身の力で書き上げた 「資本主義と闘った男 宇沢弘文と経済学の世界」を持って、米子で講演会を開催します。サイン会もありますよ。

日時:7月15日(月・祝)10:30〜

場所:今井ブックセンター「本の学校」2階

会費:無料(申し込み不要)

皆さま、気軽にご参加頂ければと思います。無料託児もあるので、チラシをご覧ください。

私ももちろん参加しますので、声かけてくださいね。

よろしくお願いいたします!

 

佐々木実さんが、宇沢弘文の全てを解明してくれます。分厚い本で完読するのは大変でしたが、今の日本がなぜこうなったのかが分かります。

今度の講演会では、佐々木実さんが渡米し、様々なノーベル賞受賞経済学者にインタビューした貴重な映像も公開予定です。

レインディア藤原さん

Reindeer 代表取締役社長

レインディア藤原さん

北欧インテリアショップ『reindeer』、木のおもちゃのレンタルプログラム「もくレン」などを運営。中海テレビ「県議熱中討論」コーディネーター、よなご宇沢会幹事も務める。幼稚園や保育園、市町村の子育て支援センターなどで育児講演を行う。乳幼児の育児相談から不登校問題もお気軽にどうぞ! いつも作りかけのお店は正に秘密基地、まずは自分でするのが藤原流であり、北欧から学んだこと。お喋り大好きな二児の父です。

【HP】:http://reindeer.co.jp/