[大山町] 紅葉シーズンは天然湯の宿『大山ホテルしろがね』で贅沢時間【Goto地元旅!】

編集部べーやん
編集部べーやん

大山にも紅葉シーズン到来!ロケ―ション抜群の湯の宿でのんびりしませんか?

10月も後半に差し掛かり、いよいよ紅葉シーズンの到来!
鳥取県の大山エリアでは、恒例の紅葉祭り「大山秋色週間」(~11月5日まで)がスタートしています。
期間中の土・日曜は、大山寺周辺の和傘ライトアップ、絵灯篭の献灯など夜も楽しめるイベントが目白押しですよ。

今年は県外旅行に行けなかった人も多く、近場で旅行気分を味わえる「地元旅」が注目されています。
地元の人にとっては日帰りで行くのが定番の大山ですが、日常を忘れてのんびりリフレッシュする場所としては絶好のスポットです。

この秋はぜひ宿を予約して、1泊2日でのんびり大山エリアを満喫してみてはいかがでしょうか?
夜は、普段中々足を運べないライトアップや絵灯篭などのイベントに参加してみるのもオススメです。

宿を拠点にして秋の大山をとことん満喫しよう

紅葉を眺めながら登山やトレッキングを楽しんだり、ぐるっとドライブしてグルメスポットや温泉施設を満喫したり、アクティビティや乗馬を体験したりと、大山の楽しみ方は無限大。

中でも登山やトレッキングは、秋の大山を楽しむにはピッタリのアクティビティです。
宿を拠点として、大山の様々な絶景を探しに行ってみましょう!

大山で「登山」を楽しむ

天候のコンディション次第ですが、大山の山頂小屋では息を吞むほどの素晴らしい絶景に出合えます。

登山初心者や子ども連れの場合は、夏山登山口から登るのがおすすめ。道中では西日本最大級のブナ林も楽しめます。

大山で「ハイキング」を楽しむ

紅葉とともに、大山の歴史的建造物や自然景観を満喫できるハイキング。
大山の北壁や大神山神社をめぐるコース、高低差少なく自然を楽しめるコースなど、好みのルートを選んで出かけてみましょう。

大山のおすすめハイキングコースはこちら

鳥取県の大山のオススメの宿は?

宿泊は、大山の標高800mに位置する『ホテル大山しろがね』がオススメです。

夏山登山口まで徒歩約5分と近く、客室からの最高のロケーションも抜群。
夜は天候に恵まれれば満天の星を眺めることができます。

秋景色と一体となった空間が広がる『ホテル大山しろがね』

『ホテル大山しろがね』の客室は、落ち着いた和空間。窓からは四季折々の景色が望め、まるで大山の風景と一体となったような部屋です。

大山の恵みを堪能できる夕食

夕食では、大山の清流が育んだ野菜や果物をふんだんに使用した季節料理を提供。「大山どり」「鳥取和牛」「大山豚」といった大山ブランド肉も味わえます。

なかでも、大山の火山灰による黒ぼく土で育てられた野菜「黒ぼく野菜」は、どれも甘さと風味が豊か。

大山の天然水に浸かれる大浴場

湯は大山の天然水を使用しており、硬度15~20の「超軟水」。ミネラルがバランス良く含まれたなめらかな湯で、身体の芯までしっかりと温めてくれます。

休日は秋の大山へ!

いかがでしたか? 四季折々の楽しみ方ができる大山ですが、「大山紅葉週間」の期間は夜イベントも開催されており、日中も過ごしやすく、宿泊するにはピッタリのシーズンです。

県外旅行しにくい今だからこそ、「地元旅」を楽しんでみてはいかがでしょうか。

ホテル大山しろがね

ホテルダイセンシロガネ
電 話:0859-52-2211​
住 所:鳥取県西伯郡大山町大山136-2 [MAP]
営 業:チェックイン15:00、チェックアウト10:00
休 み:無休
駐 車:大山博労座駐車場(有料)、槙原駐車場を利用
情 報:HP

シェアする!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
編集部べーやん

タウン情報Lazuda

編集部べーやん

山陰のタウン情報誌「Lazuda」編集部、編集長。出雲市佐田町出身。入社以来、ラズダを作り続ける編集スタッフ。新しいラーメン屋には行かなきゃ気が済まないィィ性格(だそう)。日刊Lazudaでは超ローカルショートTV「Lazuda TV」の企画・編集・出演を務めています!

【HP】:https://www.youtube.com/channel/UCzuNKnW7hG9vnmy8mdbNheg

レジャーアクティビティ・体験アウトドア子連れ・家族旅行温泉・露天風呂絶景スポット・景観秋季限定

人気の記事

人気記の事