スタッフおすすめ記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなは“モ~”食べた? 木次乳業の『ミルクのプリン』は自然な甘みで食後のデザートにピッタリ

新製品グルメスイーツ

編集部いしやん
編集部いしやん

ミルクの濃厚なコクとやさしい甘さが絶妙なバランスの愛されキャラ的味わい

乳製品の製造・加工販売をしている島根県雲南市の「木次乳業」から、初のミルクプリン商品となる「木次ミルクのプリン」を発売!

スーパーではお馴染みの赤と黄色のパッケージに誘われて、早速買って食べてみました。

まずはそのパッケージ。「木次乳業」の看板商品「木次パスチャライズ牛乳」を思わせる元気なカラーリング。ちなみに、パスチャライズ牛乳とは、自然な風味・性質、そして栄養を生かすためにパスチャリゼーション(65℃で30分間殺菌)をしたもので、牛乳本来の甘みや栄養が摂れると、山陰はもとより、都市部でも人気が高い商品のひとつです。

その「木次パスチャライズ牛乳」と同じ品質の生乳を使ったのがこちらのプリン。しっかりとした口当たりながら、くちどけ抜群で、モッチリなめらかな食感。香りも良く、その自然な甘みは小さい子どもから大人まで、幅広い方に愛されそうなひと品。

島根県内の各スーパーのほか、地元ではコンビニでも販売されているそう。販売店はコチラをチェックしてみてください!

つるんとしたミルクプリンがお目見え。鼻を近づけると牛乳の甘い香りが!
しっかりとした硬さながら、弾力もありモッチリ感も◎。
編集部いしやん

タウン情報Lazuda

編集部いしやん

島根・鳥取のタウン情報誌「Lazuda」編集部スタッフ。島根県松江市出身→浜田市→大阪→奈良→松江市在住。「日刊Lazuda」では編集デスクを務めています(ただの机です)。喫茶店の冷えたおしぼりと、帽子が大好物な三十路。日刊Lazudaでは主にグルメ、ショップ、キッズ関係の記事を担当しています。あ、あとバツイチ&2児のシングルファーザーです。(←どうでもいい??)

twitter:https://twitter.com/Lazuda_com

facebook:https://www.facebook.com/tj.lazuda/