[出雲市オープン]横濱家系ラーメンをアレンジする注目店『喰神』!おひとり様ランチにもオススメ

編集部べーやん
編集部べーやん

出雲市で「家系」が食べられる貴重なラーメン屋『喰神』がオープン

島根県出雲市大津新崎町、『とんとん亭』の隣にあったオシャレなダイニング居酒屋『ZIPANG(ジパング』が、ラーメン屋『ラーメン茶屋 喰神(しょくしん)』としてリニューアルオープンしています。

醤油豚骨スープに、海苔・ホウレンソウ・チャーシューをトッピングした横浜市発祥のラーメン「家系(いえけい)ラーメン」をモチーフにして独自にアレンジした一杯がいただけます。

米子や松江には「家系ラーメン」が味わえるお店がありますが、出雲市ではココが唯一ではないでしょうか。

横濱家系ラーメンをアレンジしたメニューの数々

席に着いて早速メニュー選び。
定番メニューは、基本の「醤油」をはじめ「味噌」「塩」「ラー担々麺」の4種。
さらに期間限定の週替わりラーメンがあり、全5種から選べます。ちなみに麺の大盛りはプラス100円~。

オーナー曰く、味は横濱家系ラーメンをベースに、「誰でも食べやすいようあっさりとした味に仕上げた」とのこと。

島根県産をブレンドした「味噌」も気になりますが、今回は初来店のためド定番の醤油をチョイス!

スープは豚骨のうま味がたっぷり!

横濱家系ラーメン 醤油(800円)

豚骨の中でもうま味成分が多く含まれる“げんこつ”。それを鶏ガラとともに長時間煮込み、自家製の醤油ダレと合わせた一杯。
あっさりとしたスープの味と、背脂によるこってり感がちょうどいいバランスです。

豚骨のうま味が充分に感じられ、誰でも親しみやすく満足度の高い味に仕上がっています。

横濱家系 塩ラーメン(800円)

一緒に来ていた友人はこちらの一杯をチョイス。なんでも「塩ラーメン」は、定番の「醤油」を凌ぐほどの人気だとか。
少し食べさせてもらいましたが、あっさりとしていて、角のないまろやかな味わいでした。

これまでいろいろなラーメン店を取材してきましたが、出雲ではこってりとした豚骨や味噌よりもなぜか「塩ラーメン」が人気を得やすい?ような気がしています。

閉店してしまいましたが、出雲市内で長年愛された行列店『龍王』も基本の味は「塩」でした。
白枝町にあった『一心ラーメン』も確か「塩」だったはず。

オープンして間もない新店にも関わらず、ド定番の醤油を差し置いて塩が人気を得るあたり、これも市民性なのでしょうか。

意外な発見!? サ、サラダのドレッシングがおいしすぎる!

ドレッシングが美味しいサラダ (1人前300円)

スタッフの方から「サラダがオススメです」と言われたので、サイドメニューも注文。
スタッフさんのオススメ通り、本当にコレおいしかった…!

ゴマ系のドレッシングですが、塩辛すぎず濃すぎずでまろやかな味。野菜本来の味を引き立てます。

座敷席があってファミリーにもオススメ

店内にはテーブル席のほか、座敷席も完備。
席の間隔も広くゆったりとしていて、子ども連れのファミリーでも利用しやすいお店です。

もちろん、サクッとおひとり様でもオススメです!

ラーメン茶屋 喰神

ショクシン
電 話:0853-24-9889​
住 所:島根県出雲市大津新崎町1-53-2 [MAP]
営 業:11:00~14:00、木・金・土曜11:00~14:00,17:30~21:00 *スープ・麺が無くなり次第終了
休 み:月曜
駐 車:12台

シェアする!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
編集部べーやん

タウン情報ラズダ編集部

編集部べーやん

山陰のタウン情報誌「ラズダ(Lazuda)」の編集長。出雲市佐田町出身。
入社以来、ラズダを作り続ける編集スタッフ。新しいラーメン屋には行かなきゃ気が済まないィィ性格(だそう)。
超ローカルYouTubeチャンネル「Lazuda TV」の立ち上げから、企画・編集・出演を務めています!

YouTubeチャンネル【Lazuda TV】

べーやんのTwitter

会社のべーやんブログ

ラーメングルメカジュアルスポット・ショップ子連れ・家族旅行ランチ