[松江市]もはや海遊び!マリン色強めな『恵曇港神名火公園』がおもしろい【公園であそ部】

編集部あつきち
編集部あつきち

松江市鹿島町にある「海」がテーマ(?)の青い公園『恵曇港神名火公園』

本日はちょっと車を走らせて鹿島町の方へ。
来た理由として、ここ『恵曇港神名火公園』の中にちょっと気になる遊具がありまして……。

これです!

青い……山!?

いやいや、よく見ると横に上る用の階段ついてるし、滑り台っぽい。
青く塗られた滑り台を海のように見立てて、その上をトビウオが飛んでいるかのような演出もおもしろい~。

上までのぼってみた

コンクリートで堅そうだし高さも結構あるけど……、これって本当に滑って遊ぶので合ってる?

近所の人に聞いてみたら「そのまま滑ってる人もおるし、自分で段ボールを持ってきて、おしりに敷いて滑ってる人もおるよ~」とのこと!

なるほどなるほど!
段ボールだと勢いもつくし、楽しそう…!!

しかも、案外子どもよりも大人が楽しそうに滑ってるとか!(笑)

海が近いから? 海に関するものがちらほら

海が近いからでしょうか? 公園の中には海に関連する遊具がちらほら。

海賊船みたいに派手な色合い!
遊具は使用禁止になっていましたが、草の中に船が沈んでいるみたいなユニークな造り。

港をバックに並ぶのは青色で統一された海の生き物たち。
手前からイルカ、クジラ、奥は……ペンギン?

遊具の奥スペースに芝生があって、ここを駐車場として利用している人も多いとの情報を近所の方から入手。

夕日スポットにも

海沿いにベンチを見つけたのでちょっと休憩。

西側を向いているので、夕日指数が高い日には夕日観賞もいいかも~。

恵曇港神名火公園

エトモカンナビコウエン
住 所:島根県松江市鹿島町古浦 [MAP]
駐 車:あり

【公園であそ部って?】全力で“子ども”に戻る「公園の魅力“再発見”コラム」

公園といえば、子連れさんはもちろん、散歩をしたり、愛犬と一緒に散歩をしたり、天気の良い日は乾いた芝生の上で寝転がったり。
言うまでもなく利用方法は人によって様々。最近では運動不足解消にウォーキングを楽しむ人も増えてきています。

このコラムは、米子・松江・出雲エリアを中心に様々な公園に突撃し、童心に返った筆者が全力で公園の魅力を筆者視点で余すことなく(?)紹介していくコーナーです。

シェアする!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
編集部あつきち

タウン情報ラズダ編集部

編集部あつきち

日刊webラズダ編集部。鳥取県出身の元栄養士でありながらもっぱら食べる専門。
食べること、週末のビールをモチベーションに日々の業務に取り組んでいる(らしい)。好きな食べ物は大豆製品。最近のブームは焼肉。

ラズダ公式Instagram

あつきちのInstagram

自然美アウトドア子連れ・家族旅行公園・遊び場絶景スポット・景観おすすめスポットお散歩・散策