灘町の『米子まちなか観光案内所』で毎週土曜に朝市やってるって知ってた?【冬こそ朝活】

編集部べーやん
編集部べーやん

寒い冬こそ朝活!ちょっぴり早起きして観光案内所の朝市に出かけてみよう

城下町の風情が色濃く残り、趣きある街並みが続く鳥取県米子市の加茂川沿いのエリア。

こちらの京橋付近にある『米子まちなか観光案内所』は築150年以上の町屋をリノベーションしたスポット。
その名の通り、米子観光の発信拠点です。

建物は古い梁や天窓、はしご階段をそのまま生かした造りになっていて、ここに立ち寄るだけでも城下町・米子の風情が楽しめます。
普段は、観光ガイドが常駐していて観光案内を行うほか、米子の工芸品やお土産などを販売。

そして土曜にはなんと朝市も開催!
地元の人でも意外と知らない穴場なんです。

地元農家の採れたて新鮮野菜がずらり。観光案内所が土曜限定で“朝市”に

普段は観光拠点としての役割を担っていまる『米子まちなか観光案内所』ですが、週末の土曜の朝限定で朝市を開催しているんです。

朝市は毎週土曜の9時30分からお昼まで開催されています。
地元産の採れたて、新鮮な野菜や果物をはじめ、お米や干物、お弁当など様々な品が所狭しと並びます。

思わず、あれもこれもとたくさん買ってしまったり、お米といった重いものなど持ち帰るのが大変な食材は、希望すれば配達をお願いすることもできるんですよ。

城下町の散策も兼ねてたまには早起きして朝市へ。そしたら新しい出会いがあるかも

『米子まちなか観光案内所』のあるエリアは、古い街並みの中に老舗のお茶屋さんや駄菓子屋さんなどがいっぱい。
ぶらぶらするだけで何だかノスタルジックな気分に浸れるオススメのお散歩コースでもあります。

冬は、なかなかお布団から出られないのが現実だけど、たまにはちょっと気合入れて早起きしてみませんか?
「早起きは三文の徳」じゃないですけど、キーンと澄んだ空気の中、朝市で買い物を楽しんだり、レトロな街並みを散策したりして、週末の冬の1日を健康的かつ有意義に過ごしてみましょ。

米子まちなか観光案内所

ヨナゴマチナカカンコウアンナイショ
電 話:0859-21-3007
住 所:鳥取県米子市灘町1-19 [MAP]
営 業:【朝市】土曜9:30~12:00【通常営業】9:30~16:30
休 み:不定休
駐 車:米子まちなか観光案内所駐車場を利用
情 報:HP Facebook

シェアする!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
編集部べーやん

タウン情報ラズダ編集部

編集部べーやん

山陰のタウン情報誌「ラズダ(Lazuda)」編集部の編集長。出雲市佐田町出身。
入社以来、ラズダを作り続ける編集スタッフ。
新しいラーメン屋には行かなきゃ気が済まないィィ性格(だそう)。日刊webラズダでは超ローカルYouTubeチャンネル「Lazuda TV」の企画・編集・出演を務めています!

YouTubeチャンネル【Lazuda TV】

べーやんのTwitter

ものづくり・ギャラリー子連れ・家族旅行朝活・モーニングおすすめスポット鳥取県のイベント情報