[出雲市]公園っていうより動物園!『愛宕山公園』で可愛い子たちに癒されてきた【公園であそ部】

編集部あつきち
編集部あつきち

動物とふれ合える出雲市の『愛宕山公園』へ!

これまで「公園であそ部」コラムでは「動物のオブジェがある公園」とか「海の生き物をモチーフにした公園」とか、“ツクリモノ”がいる公園はたくさん紹介してきました。(言い方悪くてすみません……)

次の公園、どこにしよう……と悩んでいた時、編集部のもとへ一通のダイレクトメッセージ。

「出雲の愛宕山公園へ来てください。本物の動物がいっぱいいますよ。」

はい、行ってきました。
(青空!快晴!きもちいい~~)

『愛宕山公園』といったら春には桜スポットとして有名な場所ですよね。
どうやらこの公園では、カンガルーやシカなどの動物にも会えるみたい!(なぁにぃ~)

動物好きとしてはもっと早く知っとくべき情報でした……!

なんといっても24時間、無料開園がうれしい!(※一部の動物は夕方頃小屋に帰ります)

シカ、ヤギ、白鳥、ウサギ……とにかくいろんな動物に会えた!

『愛宕山公園』の動物にはエサをあげることができます♪
野菜を持って行ってあげるのもOK。

各動物の小屋に「食べられるもの」「食べられないもの」が貼ってあるので、しっかりチェックしてからエサをあげてね。
エサは園内で販売もしていますよ(^ ^)。

お食事中のヤギ「こはく」とご対面

一昨年『愛宕山公園』にやってきたヤギの「こはく」は男の子。

男の子には青の首輪、女の子には赤い首輪がしてあるので、パッと見て性別が分かりますね(^ ^)

めちゃめちゃ食ってる。

モグモグしてる口が可愛い。お客さんからレタスをもらって、ひたすらムシャムシャ食べるこはく。

私のカメラには一切向きもせず。(汗)

初めて見る動物もいっぱい!

ピョンピョン跳ねるカンガルーがいたのは、想像以上にと~っても広い場所。
一気に7~8mを飛ぶこともできるみたい!(スゴ)

「オオカンガルー」のあやちゃん、この日は見られませんでしたが、たまに見せるお腹をかく姿が可愛いみたい♪

出入口付近にはシカが群れになって出迎えてくれましたよ。

エサを持ってないと分かった瞬間何頭か私の近くを離れましたが、このシカさんは私がエサを持ってると信じていたのか、「きゅーん」と鳴いてました。(冷蔵庫から人参持ってくればよかったな……ごめんよ……)

駐車場から降りたところにいる、やさしい顔をしたポニーさん♪

そんなポニーには、お尻を向けられっぱなし…(ポニー好きなのに…)。

「アフラック♪」のコールダックもいた。小さくて可愛かった~(^ ^)

昨年末に新しく仲間入りした「ヤギの親子」にも会ってきた!

昨年末『愛宕山公園』の動物広場に仲間入りしたヤギの親子にも会ってきました♪

※新型コロナウイルスの影響により、今は近くで見られませんが、今回は特別に手足のアルコール消毒を徹底して近くで見させていただきました。

4歳のお母さんヤギ・ドラミちゃんと生後5か月の子ヤギ、ミルクちゃん。(ハイジに出てくるやつだ…!)

晴れた日には、中庭に2頭揃って出ているみたいですよ。

子ヤギのミルク劇場(3コマ)

ミルクちゃん、こちらに気づいたよう……!!(覗き込んでる感じ可愛すぎ)

え、めっちゃ近いてきた!(驚)

ミルクさん、近寄りすぎです!(汗)(汗)

人懐っこくて好奇心旺盛な性格らしいです。カメラに興味を持ったのかな?

編集部あつきち的ベストショット

園内はカメラ撮影もOK! 写真を撮りまくって「これがベスト!」と思った写真がコチラ

見てください!このヤギのこはくのドヤ顔。

たくさんレタスが食べられて嬉しさに満ちた表情なのか「ドヤ顔」なのかよくわかりませんが、とってもご満悦そうなお顔……。(どっちにしろ可愛い)

動物広場の向こうには公園も! 春の時期は桜が満開

動物広場よりもっと奥に行くと遊具で遊べる公園(これぞ公園、!)もありました。

春になると花見に訪れる人も多いとか♪
ちなみに『愛宕山公園』はペットの同伴もOKとのこと。

動物とふれ合って、公園で遊んで休憩もできて、春がますます楽しみになりますね。

愛宕山公園

アタゴヤマコウエン
住 所:島根県出雲市平田町295 [MAP]
営 業:24時間開園
休 み:年中無休

駐 車:あり
料 金:入場無料

【公園であそ部って?】全力で“子ども”に戻る「公園の魅力“再発見”コラム」

公園といえば、子連れさんはもちろん、散歩をしたり、愛犬と一緒に散歩をしたり、天気の良い日は乾いた芝生の上で寝転がったり。
言うまでもなく利用方法は人によって様々。最近では運動不足解消にウォーキングを楽しむ人も増えてきています。

このコラムは、米子・松江・出雲エリアを中心に様々な公園に突撃し、童心に返った筆者が全力で公園の魅力を筆者視点で余すことなく(?)紹介していくコーナーです。

シェアする!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
編集部あつきち

タウン情報ラズダ編集部

編集部あつきち

日刊webラズダ編集部。鳥取県出身の元栄養士でありながらもっぱら食べる専門。
食べること、週末のビールをモチベーションに日々の業務に取り組んでいる(らしい)。好きな食べ物は大豆製品。最近のブームは焼肉。

ラズダ公式Instagram

あつきちのInstagram

子連れ・家族旅行公園・遊び場筋トレ・運動