[赤崎町|堂後食堂]豚骨100%ラーメン。歴史を感じる食堂の変わらぬ味【老舗探訪!vol.6】

めんあるき
めんあるき

歴史ある『堂後食堂』の豚骨100%ラーメンはライトな口当たりで、思わず飲み干せてしまいたくなる味わい。

昭和28年創業の小さな老舗食堂『堂後食堂』。

私は2007年にブログで発信していましたがその後、各メディアにも取り上げられ、今や県外からもお客さんが訪れるように。
しかし、それまでは地元赤崎でしか知られていなかったお店。

ラーメンと数坪の狭い店舗は歴史を感じさせます。

ラーメンは、もともとはお姑さんが、米子で習ってきたもので、創業当初から作り方も味を変えてない歴史ある一杯。

気さくな女将(私はお母さんと呼んでいる)が、昭和38年に嫁いできてから、今でも半世紀以上にわたり守り続ける。

ラーメンは豚骨100%で、ライトな口当たりの香りある豚骨出汁に塩味のスープ。

ひと口サイズのチャーシューが、ぎっしりと並べられて、青葱と小切のメンマがトッピング。

麵は中加水の中細ちぢれ麺。小ぶりのチャーシューといっしょにかき込むと美味。あっさりとしたスープは、最後の汁一滴まで飲み干したくなるうまさです。

生たまごをセンターに落とした「スペシャル中華」は、豚骨スープと生たまごの甘み合わさることで、さながら“豚骨カルボナーラ”と言ったところ。
不思議とクセになるようなおいしさで、こちらも常連客に人気のメニューだ。

近年は娘さんもお手伝いされているが、できることならば存続を願いたいお店です。

堂後食堂

電 話:0858-55-0404
住 所:鳥取県東伯郡琴浦町赤碕1095 [MAP]
営 業:11:00~19:30*早じまいの場合あり
定 休:日曜
駐 車:あり

シェアする!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
めんあるき

フリーカメラマン

めんあるき

本職はフリーカメラマン。ラーメンの食べ歩きをライフワークとする自他ともに認めるラヲタカメラマン。その他B級グルメをはじめ、美味いもの大好き。地元フリーペーパーいかこいコラム「食べなきゃソンソン!」も執筆中。

【HP】:https://menaruki.exblog.jp/
     http://www1.megaegg.ne.jp/~takastm/index.html

ラーメングルメ歴史・伝統ランチ地元ライター連載コラム