【100万回再生突破】島根県松江市を舞台にした中国電力の話題の動画がこちら

編集部べーやん
編集部べーやん

島根県松江市を舞台にした中国電力の動画が100万回再生突破

みなさんはもうご覧になりましたか!? 島根県松江市を舞台にした中国電力のWEB動画が、なんと公開から約1ヵ月で100万回再生を突破!

何気ない日常の中にある、父親の思いと娘の成長を描いた、心温まるストーリーです。「まだ見てない!」という方は下記よりご覧ください!

サムネイル

《作品名》
WEB動画「人を思うエネルギー。」

中国電力公式YouTubeチャンネルにて公開中。

制作:中国電力(株)
監督:宮川博至
出演:村上淳、中村守里、角晴輝 ほか
音楽:UEBO「Lights」

ストーリーに込められた思いとは?

【ストーリー】
家族のために家事と仕事を頑張る父親と、そんな父親を“痛い” と感じながらも支えたいと思う娘。お互い言葉では思いをうまく伝えられません。ある日突然、父親に向かって「明日からお弁当作らんでいいけん」と言う娘だが―――。

動画は何気ない日常の中にある、父親の思いと娘の成長を描いたもの。とても心温まるストーリーとなっています。

何気ないありふれた日々も、実はかけがえのないもの。“人を思うエネルギー”が家族を包み込むように、中国電力がつくるエネルギーも、地域の皆さまのかけがえのない日々の支えとなれるように…との思いが込められています。

もうとにかく動画の絵の中に流れる「リアル感」がすごいのです…。父親に話しかける娘のそっけなさ、絵文字が無いLINEのやりとり、そして父親の苦労を感じながらも「ありがとう」を素直に表現できない娘の表情…。役者さんのナチュラルな演技に圧倒されます。

「よーいスタート!」で撮影したとはとても思えないリアルな空気感。全てのカットがどこにでもある一般家庭の様子をこっそり撮影したかのような映像です。

なじみある方言や松江市内の撮影場所にも注目

中村守里さん演じる娘がお弁当を食べるシーン。松江市にある高校の教室で撮影されたそうです。
父親が勤めるクリーニング店や青果店、カフェなどのシーンも松江市内の店舗で撮影。
「いいけん」「勉強すうだわ」といった、なじみある地元の方言にも注目してみてください。

SNS上でも話題になっている!

□YouTubeで流れてきた中国電力のCMで涙腺崩壊

□中国電力のCMなんかいいなぁ

□お父さんが弁当つくるやつ泣けた

□CM見て頑張ろうという気になった

□何回見てもジーンってくる

などなど、感銘を受けたというコメントが多数見られました!
(Twitterより一部抜粋)

この動画を盛り上げる楽曲の歌詞にも注目!

実はこの動画、楽曲の歌詞も素敵なのです!

さらに日本語ならではの言葉の奥行きを大切にした優しく包容力のある歌声と、アコースティックギターでの弾き語りも魅力。寡黙な父親と素直になれない娘の思いが通い合う感動の瞬間が見事に表現されています。

ぜひ大事な人を思って聴いてみて下さい。

シェアする!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
編集部べーやん

タウン情報ラズダ編集部

編集部べーやん

山陰のタウン情報誌「ラズダ(Lazuda)」編集部の編集長。出雲市佐田町出身。
入社以来、ラズダを作り続ける編集スタッフ。
新しいラーメン屋には行かなきゃ気が済まないィィ性格(だそう)。日刊webラズダでは超ローカルYouTubeチャンネル「Lazuda TV」の企画・編集・出演を務めています!

YouTubeチャンネル【Lazuda TV】

べーやんのTwitter

ムービーで見る山陰地元ニュースおうち時間