[オープン]美保関町に『風ヶ浦キャンプ場』誕生!手ぶらOKなど選べるプランも多彩

編集部いしやん
編集部いしやん

美保関に初登場!絶景を独占できるオーシャンビューなキャンプ場がオープン

島根半島の東端、三方を海に囲まれた島根県松江市美保関町。

ここ美保関町に2021年4月、町内では初となるキャンプ場がオープンしました!

その名も『風ヶ浦キャンプ場』。手ぶらキャンプできたり、車をサイトに横付けできたりと、できたてほやほやの新しいキャンプ場は、今すぐ行きたくなるような魅力がたっぷりのスポットです!

手ぶらキャンプOK!『風ヶ浦キャンプ場』は初心者も上級者も楽しいオールマイティなキャンプ場

北は日本海、南には中海と美保湾。3つの海に囲まれた美保関町は、釣りや海水浴など海のレジャーが楽しめますが、これまで中々気軽にアウトドアが楽しめる施設がありませんでした。

それだけに、今回のキャンプ場は待ちに待った!待望のオープンとなりました。

『風ヶ浦キャンプ場』の利用可能期間は4月16日~11月30日まで。

宿泊はもちろん、デイキャンプ、オートキャンプもOK。車もキャンプサイトに駐車できるし、キャンピングカーでも行けちゃうのでかなり便利。子連れや大荷物の時は助かりますね。

キャンプ用品やBBQセットのレンタルも行っていて、キャンプ用品を持っていない人でも「手ぶらキャンプ」が楽しめます。

レンタルのラインナップは、テントや寝袋、照明からBBQコンロに着火剤、軍手など、キャンプの必需品はたいがいのものは揃ってる印象。もちろん道具の持ち込みもできるので、一式、自前の使い慣れたキャンプギアがいい、という上級者も楽しめますよ。

サイトの利用料金やレンタル料は、コチラでご確認ください。

目の前がすぐ海!潮風を感じながらのアウトドア体験が心地良すぎ

そして、『風ヶ浦キャンプ場』の最大の魅力は、なんといってもこのオーシャンビューのロケーション。

海の向こうには、お天気が良ければ名峰・大山を臨むこともできる最高すぎるキャンプ場なんです。この絶景の中で、BBQしたり、お昼寝したり…絶対気持ちいいに決まってますよね~。

おまけに宿泊コースには、町内にある旅館ご自慢の絶景展望風呂の入浴半額券もついてくるみたい!
24時間入浴可能なので、いつでも好きなタイミングで、アウトドアでかいた汗をさっぱり流せます。

充実のオプショナルツアーで忘れられない体験を

さらに、「キャンプ&アドベンチャーツアー」といって、ツアーガイドがキャンプの設営を補助、体験メニューの案内ガイドなど、「コンシェルジュ」としておともしてくれる、初心者には至れり尽くせりな1泊2日のフルパッケージツアーも。

1日2組限定で、キャンプ道具一式や食事、体験メニューがパックとなっているので、お得だしホントに楽ちん。キャンプって楽しいけど、準備がいろいろ大変そうって方にはもってこいのメニュー!

そのほかにも、気軽にできる釣り体験や、美保神社のご祭神「えびす様」にまつわる数々の神話をガイドとともにたどる約1時間のクルージングなど、オプショナルツアーも充実。旅の思い出づくりに最適ですね。

周辺観光スポットも充実。自分にあったスタイルでアウトドアが楽しめる『風ヶ浦キャンプ場』

キャンプ上級者から初心者までが楽しめるよう、施設だけの利用から、道具を一式レンタルできる「手ぶらキャンプ」など、あらゆるニーズに対応してくれる『風ヶ浦キャンプ場』。

キャンプ場周辺には、これからちょうどつつじの花が見ごろを迎える『五本松公園』や山陰最古の灯台で石造りの姿が美しい『美保関灯台』、えびす様の総本宮『美保神社』など見どころがたくさん。

テントで海を眺めながら、1日中まったり過ごすのもよし、オプショナルツアーに参加して、忘れられないここだけの体験をするもよし、美保関の街をぶらり散策するもよし。

日帰り、宿泊、手ぶらなどなどいろんな選択肢で楽しめる『風ヶ浦キャンプ場』。遠出しなくても、しっかり地元でリフレッシュしましょ。

風ヶ浦キャンプ場

カゼガウラキャンプジョウ
予約・問合せ:0852-73-0111(美保館)
住 所:島根県松江市美保関町美保関風ヶ浦 [MAP]
営 業:【デイキャンプ】11:00~17:00【宿泊】11:00~翌11:00

料 金:【デイキャンプ】2000円~【宿泊】5000円~
駐 車:あり

情 報:HP

シェアする!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
編集部いしやん

タウン情報ラズダ編集部

編集部いしやん

島根・鳥取のタウン情報誌ラズダ編集部スタッフ。島根県松江市出身→浜田市→大阪→奈良→松江市在住。
「日刊webラズダ」では編集デスクを務めています(ただの机です)。喫茶店の冷えたおしぼりと、帽子が大好物な三十路。
日刊webラズダでは主にグルメ、ショップ、キッズ関係の記事を担当しています。あ、あとバツイチ&2児のシングルファーザーです。(←どうでもいい??)

ラズダ公式Twitter
ラズダ公式Facebook
いしやんのInstagram(フォロー歓迎!)

レジャーアクティビティ・体験アウトドア子連れ・家族旅行おすすめスポット地元ニュース