[鳥取市|樗谿公園]馬もホタルもいる!木陰と水辺が気持ちいい場所【公園であそ部】

編集部あつきち
編集部あつきち

小川が流れる細長い『樗谿公園』は癒し要素がいっぱい!馬もいるよ(?)

今回やって来たのは、鳥取市内の静かな住宅街のそばにある『樗谿(おうちだに)公園』。

ここ…、控えめに言ってメッチャ雰囲気良かったです!

伺ったのは6月中旬頃だったので、紫陽花もキレイでした。

鳥取市上町にある『樗谿公園』は縦に長い公園で、梅林をはじめ、いろーんな植物が植えられている緑豊かな公園。奥の「鳥取東照宮(樗谿神社)」まで遊歩道が整備されているので、散歩コースにもオススメです。

遊歩道に沿って、小川が流れています。鳥のさえずりとか、川のせせらぎが聞こえて、そのまま睡眠BGMにして寝れそうなくらい心地イイです(笑)。

『樗谿公園』の場所

公園付近には有料駐車場をはじめ神社や『やまびこ館』の駐車場もあり車で行くにも便利。100円循環バス「くる梨」の赤コースを利用すればやまびこ館前までバスでも行けるっぽい。

公園の近くには『鳥取市歴史博物館 やまびこ館』や、自家焙煎コーヒーが買えたり飲めたりできる『Capri coffee beans』もあるので、合わせて立ち寄ってみてください。

『樗谿公園』をぐる~りお散歩。すると「馬がいる」との情報が!

仕切りもない縦に長い場所で、どこからがどこまで公園か分からずフラフラ。

この写真の場所あたりで近所?のおばちゃんに「樗谿公園ってどこですか?」って聞いてみたら、「ここがもう公園だよ」と親切に教えてくれました。

おばちゃん「もうちょっと奥に行ったらはなちゃんがおるよ」

「はなちゃん!?」

おばちゃん「かわいい馬が出とるかもしれんけん、見に行ってみるだわ」

おばちゃんにプチガイドしてもらっちゃいました。おばちゃん、ありがとう!
(はなちゃんは後ほど)

それにしても、木陰が気持ち良すぎるぅ。

公園の中には有料の休憩所『梅鯉庵』も。

池には鯉が泳いでいて絵になるステキな場所。ここだけ京都みたいな雰囲気!

さて、そろそろ“はなちゃん”を探しに…

さきほど出会ったおばちゃんが教えてくれた馬の「はなちゃん」は、どうやら神社の方へ進んだ広場にいるらしい。

広場には、遊具もありました。すべり台と、恐竜のスプリング遊具。体を動かしたくてウズウズしてる子どものストレスも発散できそう。

と、その奥にある柵の中に

はなちゃん、いた!

柵に「おうちだに どうぶつひろば」と看板があって、覗いたら一頭のポニーがいました。

2010年4月に鳥取に来たらしいポニー(メス)のはなちゃん。たまに外を散歩していることもあるそうなんで、運が良ければお近づきになれるかも!

恐竜のスプリング遊具! シンプルな造りが可愛い。
サイドテーブル付ベンチ…!?(初見です) 
遊具がある広場にはバスケットゴールも。

今の時期は『樗谿公園』でホタルが見られるかも

この6月中旬~下旬にかけては、夜になるとホタルを鑑賞できるみたい。

神社のそばがたくさんの光に包まれるのかな? なんだか神秘的ですね~。

樗谿公園

オウチダニコウエン
住 所:鳥取県鳥取市上町 [MAP]
駐 車:あり

【公園であそ部って?】全力で“子ども”に戻る「公園の魅力“再発見”コラム」

公園といえば、子連れさんはもちろん、散歩をしたり、愛犬と一緒に散歩をしたり、天気の良い日は乾いた芝生の上で寝転がったり。
言うまでもなく利用方法は人によって様々。最近では運動不足解消にウォーキングを楽しむ人も増えてきています。

このコラムは、米子・松江・出雲エリアを中心に様々な公園に突撃し、童心に返った筆者が全力で公園の魅力を筆者視点で余すことなく(?)紹介していくコーナーです。

シェアする!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
編集部あつきち

タウン情報ラズダ編集部

編集部あつきち

日刊webラズダ編集部。鳥取県出身の元栄養士でありながらもっぱら食べる専門。
食べること、週末のビールをモチベーションに日々の業務に取り組んでいる(らしい)。好きな食べ物は大豆製品。最近のブームは焼肉。

ラズダ公式Instagram

あつきちのInstagram

会社のあつきちブログ

子連れ・家族旅行公園・遊び場お散歩・散策