[鳥取市|京屋菓舗]天の川流れる七夕菓子♪素朴さが可愛いシンプルなひと品【ラズダのSNS調査】

編集部あつきち
編集部あつきち

天の川のはしっこには織姫と彦星も!鳥取市の和菓子処『京屋菓舗』の七夕菓子

こんにちは! ラズダ編集部のあつきちです。

本日7月7日と言えば……「七夕」!

織姫と彦星が年に1回だけ天の川で会える、1年でもっとも(?)ロマンチックな日。短冊に願いを書いたり、夜に空を眺めて見たり(雨模様ですが……)。七夕を楽しむ人も少なくないのではないでしょうか?

今回は、そんな七夕に食べたいスイーツをSNSで見つけちゃいました。

鳥取市吉方温泉町にある『京屋菓舗』の天の川スイーツ!

鳥取市の吉方温泉にある『京屋菓舗』は、昭和8年創業の市内でも屈指の歴史を誇る老舗の和菓子屋さん。

私は『京屋菓舗』のお菓子をまだ食べたことがないんですが、七夕にピッタリな、可愛いお菓子を見つけてしまいました。

七夕らしい練り切りのお菓子。

見た目はとてもシンプルですが、うっすら白い部分が天の川で、金箔と銀箔はおそらく織姫と彦星。夏らしい爽やかさもあって、なんて可愛いお菓子なんでしょ~!

織姫と彦星、今年は会えるのかな~?なんて想像していると食べるのがもったいなくなりそう!(笑)

『京屋菓舗 本店』の場所

住所は鳥取市吉方温泉2-511。お菓子は、本店のほか『鳥取大丸』などでも販売しているとのこと。

鳥取をイメージした多彩なお菓子がいろいろ

『京屋菓舗 本店』では鳥取をモチーフにした定番の和菓子がたくさんあります。

砂を食べているかのようなソフトな食感の食べやすい落雁菓子「砂CUBE」や、鳥取砂丘の「風紋」をモチーフにしたものも。

鳥取砂丘に行くと、砂の表面に波のような「風紋」と呼ばれる模様が現れます。その自然現象をイメージして作られたのがこちらの「砂丘の風紋」。

『京屋菓舗』を代表する銘菓でもあるそうです♪

落雁と聞くと「硬い和菓子」というイメージがありますが、この「砂丘の風紋」はやわらかい食感と、甘さを控え食べやすさを重視されているそう。落雁が苦手という人も食べられそうですよね。鳥取のお土産にも喜ばれそう!

『京屋菓舗』では「砂丘の風紋」のほか、「因幡風土記」や「いなば山」、「鹿野笹」、「千代の瀬」など、鳥取に由来する和菓子がほかにもいろいろあるので、これからも注目していきたいお店のひとつです!

オンラインショップはこちら

最新情報はインスタグラムをチェック

シェアする!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
編集部あつきち

タウン情報ラズダ編集部

編集部あつきち

日刊webラズダ編集部。鳥取県出身の元栄養士でありながらもっぱら食べる専門。
食べること、週末のビールをモチベーションに日々の業務に取り組んでいる(らしい)。好きな食べ物は大豆製品。最近のブームは焼肉。

ラズダ公式Instagram

あつきちのInstagram

会社のあつきちブログ

スイーツ・おやつお土産和菓子プレゼント・贈り物夏季限定

人気の記事

人気記の事