この夏、鳥になる。鳥取砂丘アクティビティならパラグライダーがおすすめ!

編集部べーやん
編集部べーやん

子どももビギナーも◎!パラグライダーに乗って鳥取砂丘を空中さんぽ♪

鳥取県を代表する人気の観光スポット・鳥取砂丘。

四季を通じて、また昼と夜とで刻々とその表情を変え、いつ訪れても私たちを魅了する、美しくてダイナミックな鳥取の自然を満喫できるスポットです。

歩いて砂丘を越えたり、ラクダに乗ったり、時にはヨガに没頭したりと、「日本一の砂場」を体感する方法は様々。

そんな魅力あふれる鳥取砂丘を空から楽しむ「パラグライダー」に、この夏挑戦してみてはいかがですか?

充実のコース展開。子どもやビギナーも、もちろん上級者もみ~んなウェルカム

鳥取砂丘の「パラグライダー体験」は、空中散歩を楽しめる人気のアクティビティ。

体験を行っている『砂丘本舗』では、ビギナー向けからライセンス取得のためのコース、お年寄りやお子さんでも楽しめるコースまであるので、家族みんなで楽しめるんですね~。

特に年齢制限はなく、左右が分かり、やる気と保護者の応援があれば、幼児や小学生のお子さんも体験できるみたい!

プロのインストラクターが安心をサポートしてくれます。まさに「空を飛んでみたい~」って夢をかなえるのに、パラグライダーはうってつけと言えるかもですね。

体験はいずれのコースもすべて事前予約制なので、「行ったけど満員でできなかった」とかいうこともないし、待ち時間がないのもいいですね~。

パラグライダー体験が気軽にできる『砂丘本舗』の場所はここ

パラグライダーの体験ができる『砂丘本舗』の場所はコチラ↓

近くには『鳥取砂丘こどもの国』があります。JR鳥取駅からバスで来る場合、「鳥取砂丘こどもの国」あるいは「こどもの国入り口」が最寄りのバス停です。

ビギナーには一番人気の「半日コース」が最適。空飛ぶ気持ち良さをお手軽に

まずは初心者にオススメの「半日コース」(8000円*お盆やGW、三連休など繁忙期は+1000円)をご紹介。

所要時間は講習含め3時間程度と短時間ながら、パラグライダーのおもしろさと魅力がギュッと詰まった中身の濃い体験がお手軽に楽しめる一番人気のコースです。

眼下に砂丘と日本海を眺めながらのフライトは、想像以上に爽快!

きっと忘れられない思い出になりますね~。

「半日じゃ物足りない」とか体力に自信アリの方には1日コースも

もっと空中散歩を楽しみたい!という方には「1日コース」(1万1500円*繁忙期は受付なし)もあります。

こちらは「半日コース」の延長プランで、飛ぶ回数が増えます。半日コースを試して「もっと飛びたい!」と思ったら延長するというシステム。

「このままずーっと空を飛んでいたい!」とか、体力に自信のあるぞって方はこちらのコースにトライしてみて。

機材の運搬などサポートが充実の「楽ちんコース」はお子さんや年配の方にオススメ

そして「楽ちんコース」(1万1500円*お盆やGW、三連休など繁忙期は+1000円)は、内容的には半日コースと同様ですが、機材を運ぶスタッフが同行してくれるというサービス付き。

体力に自信がないかも、と不安な方やお子さま連れの方、シニア世代の方にオススメです。

「楽ちんコース」は、夏休みや連休などには特に希望者が多く予約が取りにくくなるそうなので、体験したいなって思ったら、予約はお早めに!

このほか、プロが操縦する2人乗りの「タンデムコース」(ただしコースは鳥取砂丘上空ではないみたい)、本格的にパラグライダーの技術を習得したい方のための「ライセンス取得コース」も。自分の身の丈に合った(?)コースを選べるので安心ですね。

体験コースの詳細や予約に関してはコチラでご確認ください。

「日本一大きな砂場」を上空から楽しむ「パラグライダー」で空飛ぶ快感を気軽に味わってみて

地元のみなさんにとって小さい頃から慣れ親しんだ砂丘も、空からみればまた違った表情を見せてくれるかも。

鳥取砂丘は、障害物がなく安定した風の中、やわらかい砂に着地するので、パラグライダーの初体験にはもってこいの場所だとか。

青く澄んだ夏空に高く飛び立って、真下に鳥取砂丘と日本海を眺めながらの空中散歩は、とっても贅沢で非日常な体験!

この夏一番の思い出づくりに鳥取砂丘の空の旅はいかがですか~?

予約や体験コースの詳細はコチラ↓↓
鳥取砂丘のパラグライダー「鳥取砂丘パラグライダースクール」

砂丘本舗

サキュウホンポ
電 話:0857-24-6124
住 所:鳥取県鳥取市浜坂1390-239 [MAP]
営 業:6:30~
料 金:体験料8000円~*要事前予約
休 み:不定休*荒天時は体験中止
駐 車:あり
備 考:長袖・長ズボン・軍手持参
情 報:HP

シェアする!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
編集部べーやん

タウン情報ラズダ編集部

編集部べーやん

山陰のタウン情報誌「ラズダ(Lazuda)」の編集長。出雲市佐田町出身。
入社以来、ラズダを作り続ける編集スタッフ。新しいラーメン屋には行かなきゃ気が済まないィィ性格(だそう)。
超ローカルYouTubeチャンネル「Lazuda TV」の立ち上げから、企画・編集・出演を務めています!

YouTubeチャンネル【Lazuda TV】

べーやんのTwitter

会社のべーやんブログ

自然美レジャーアクティビティ・体験アウトドア子連れ・家族旅行おすすめスポット