奥出雲のすんごいおいしい水「延命水」。わざわざ汲みに来る人も多数の隠れた名所へ

編集部いしやん
編集部いしやん

100歳超えの古狸も愛飲!?奥出雲の穴場『延命水』をゴクリ

先日は「敬老の日」でしたね。みなさんは何かプレゼントとかされましたか?

私はというと、前日まで覚えていたのに“連休ヒャッハー”ってなっちゃって、すっぽかしてしまいました……。罪滅ぼしじゃないけれど、何かないかな~と探していたら、縁起の良さそうなものを発見!

奥出雲町の「延命水」

その名前からして、きっとありがた~いお水。何だかパワーをもらえそうなネーミングにつられて、やってきました奥出雲町の延命水。

「延命水」が汲める・飲める場所

延命水が湧き出ているのは、JR木次線の出雲坂根駅近く。出雲坂根駅の向かいに駐車場があるので、車はそちらへ。

近くには『道の駅奥出雲おろちループ』があります。

【関連記事】買・食・見・遊・泊が全部叶う!?奥出雲『道の駅奥出雲おろちループ』で思い出づくりを

苔むした階段をおりていくと……

JR出雲坂根駅の向かいにドーンと立つ「延命水」と書かれた看板。その脇に階段があるので、そこを降りていきます。

苔むしたのり面からも漂うマイナスイオン。ここだけでも、パワーをもらえそ~。

お地蔵さんがちょこん。ひと気のない場所のお地蔵さんには、ちゃんとお供え物も。周辺の人たちから親しまれていることかが伺えます。

延命水!

「湧き出る」というレベルじゃない、垂れ流し、いや、掛け流しスタイル!

「延命水」は島根県名水百選にも選ばれている名水。冬は温かく、夏は冷たい湧き水です。

昔々、このあたりには狸やキツネも多く、その中でも100歳を超えているであろう古狸もすんでいたそう。そして、その古狸が愛飲していたというのがこの水。

里に住んでいた人たちも、長寿の古狸にあやかろうと、この水を飲むようになり、いつしか「延命水」と呼ばれるようになったとのこと。

もちろん無料で汲めるので、マイボトルなどを持ってきて汲んで帰るのもOK。

出雲坂根駅には「延命水」の源泉も

ちなみにこの延命水、あと2か所で汲むことができます。

そのひとつがJR出雲坂根駅。

親子(?)の狸がちょことんと。こちらは延命水の源泉みたいです。

近くには『延命神社』なる小さい祠もあります。

延命水で栽培した舞茸が買える!?『奥出雲舞茸』でも延命水が汲めるよ

出雲坂根駅から約1kmの距離にある「奥出雲舞茸」の直売所でも「延命水」が汲めます。

緑深いエリアでひと際目を引く黄色いのぼりが目印。
こちらは屋根付きの水汲み場になっているので、雨天時も安心です。私が行ったのは朝でしたが、ひっきりなしに人が来ていました。

直売所ではなんと、延命水で栽培した舞茸やエリンギなどを販売中!

そのほかにも、いろいろと奥出雲の名物を販売しているので、「延命水」を汲みに行くならこちらがオススメかもしれません。

「延命水」はそのまま飲むのはもちろん、これからの時期なら鍋に使ったり、コーヒーを淹れたり、炊き込みご飯に使ったり。

いつもの食事や休憩タイムがちょっとだけ、贅沢なものになりそうですよね~。たかが水とは思っても、そんな水だけで、ちょっとイイものに変身できるなら、汲みに行く価値はあり!?

もう少し待てば、紅葉も一緒に楽しめそうなので、お出かけ計画のヒントにぜひ!

シェアする!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
編集部いしやん

タウン情報ラズダ編集部

編集部いしやん

島根・鳥取のタウン情報誌ラズダ編集部スタッフ。島根県松江市出身→浜田市→大阪→奈良→松江市在住。
「日刊webラズダ」では編集デスクを務めています(ただの机です)。喫茶店の冷えたおしぼりと、帽子が大好物な三十路。
日刊webラズダでは主にグルメ、ショップ、キッズ関係の記事を担当しています。あ、あとバツイチ&2児のシングルファーザーです。(←どうでもいい??)

ラズダ公式Twitter

ラズダ公式Facebook

いしやんのInstagram(フォロー歓迎!)

会社のいしやんブログ

レジャー歴史・伝統おすすめスポット