ナンダコレ?笹がご神体?奥出雲のミステリースポット『笹宮』

編集部いしやん
編集部いしやん

田園風景にポツンと“笹の森”?奥出雲のミステリースポット『笹宮』

島根県は多くの神話が息づく、歴史ロマンにあふれたエリア。『出雲大社』をはじめ、S級の知名度を誇るものから、地元の人しか知らない超穴場まで、いろいろと歴史スポットがあります。

今回は知名度で言えば、地元の人のみぞ知るといった具合ですが、行ってみると「ナンダコレ?」と言ってしまう不思議な『笹宮』をピックアップ。

奥出雲町にある『笹宮』。そのビジュアルがこれ↓

ナンダコレ

『笹宮』がある場所・アクセス

『笹宮』は稲田姫生誕の地に立つ『稲田神社』のすぐそばにあります。周りにはホッケーの強豪校・横田高校も。

ちなみに稲田姫は、ヤマタノオロチを退治したことで知られるスサノオノミコトの奥さん。

『笹宮』近くには駐車場も。駐車場にはトイレもありました。

どこにあるかな~と探し始めたけど、思いのほかすぐに見つかった

駐車場に車をとめ、歩き出してすぐのこと。

「なんか、こんもりしてるのあるな~」

「すぐに見つかった……」

なんとな~く秘境っぽい場所にあると思ってた『笹宮』。意外とすぐに見つかりました。あたりがキレイに草刈りされていたこともあって、余計に異様な光景。

「ここだけ、が集まってる!」

『笹宮』の前には立て札もあり、うっすらと「笹の宮」と書かれています。

あたりを見て回りましたが、本当にこの一角だけ笹が生えてます。草刈りされていたので、合わせて整えられたのかな?とも思いましたが、そんな形跡もなく……。

「マジでナンダコレは?」

『笹宮』は稲田姫の誕生と深いゆかりがある場所だった

駐車場にあった案内板によると、稲田姫誕生の際、竹のヘラでへその緒を切り落としたそうな。そんで、その竹ベラをさかさまに挿しておいたところ、そこから芽が生えて笹が茂っていったとのこと。

以来、この笹をご神体として祀るようになったという。

がご神体!?」

以前は、この笹を安産のお守りとして妊婦に配られ、大切にされたそうです。

この笹の葉一つひとつが、実は神話の時代から息づいているものだとしたら……、ロマンしかない。

周りには笹が生えてるのもここだけですし、ひょっとするとひょっとするのかも。ロマンしかない。

案内板によると、周辺にはまだまだ歴史・神話スポットがたくさんあるみたい。ネットにあまり詳細が載ってないスポットも多そうだし、あれこれ回ってみようかな~。

みなさんも良かったらぜひ!

遠巻きから見た『笹宮』はこんな感じ。

奥出雲町に限らず、山陰にはまだまだミステリースポットが多そうな予感。ネットに情報がほとんど載ってないスポット目がけて、また出かけてきます!

みなさんも、「これ多分、うちの地元しか知らない」なんて場所があったらぜひ“変わりダネ好き”のラズダ編集部へ!

>ネタ投稿はこちらのフォームから

シェアする!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
編集部いしやん

タウン情報ラズダ編集部

編集部いしやん

島根・鳥取のタウン情報誌ラズダ編集部スタッフ。島根県松江市出身→浜田市→大阪→奈良→松江市在住。
「日刊webラズダ」では編集デスクを務めています(ただの机です)。喫茶店の冷えたおしぼりと、帽子が大好物な三十路。
日刊webラズダでは主にグルメ、ショップ、キッズ関係の記事を担当しています。あ、あとバツイチ&2児のシングルファーザーです。(←どうでもいい??)

【いしやんの過去記事一覧はこちら】

ラズダ公式Twitter

ラズダ公式Facebook

いしやんのInstagram(フォロー歓迎!)

会社のいしやんブログ

自然美レジャー歴史・伝統おすすめスポット