松江市伊勢宮にジビエ推しの『専門創作ダイニング 類友』オープン。隠れ家的な雰囲気も◎

編集部べーやん
編集部べーやん

ジビエ料理が気軽に味わえるお店『創作ダイニング 類友(るいとも)』が松江市伊勢宮にオープン

JR松江駅からほど近い松江市伊勢宮町に、オリジナリティあふれるジビエ料理が味わえるお店『創作ダイニング 類友(るいとも)』が、新しくオープンしました。種類豊富なおいしいお酒とともに、ジビエの魅力を堪能できる注目のお店です。

『創作ダイニング 類友』の場所とアクセス

『創作ダイニング 類友』は、松江市の繁華街・伊勢宮に2021年9月にオープン。『松江栄養調理製菓専門学校』の裏手にある『リーシュビル』の1階にお店はあります。

営業時間は17:00~24:00(OS23:30)と夜だけオープンのお店。駐車場はありませんが、JR松江駅から徒歩でも5分くらいと、駅近なので便利ですね。

素材本来の味を活かしたジビエ料理に舌鼓!ジビエ初挑戦の方はパスタもオススメ

『類友』では、お店の創意工夫が詰まったジビエ料理が堪能できます。

お店のイチオシは写真の「鹿のロースト」(980円)。鹿肉をローストビーフのように低温調理で、じっくりと火を通して仕上げた自慢のひと品です。

余計な味付けはしていないので、鹿肉本来の風味をダイレクトに感じられます。イヤな臭みはなく、柔らかくしっとりとした食感が絶妙。岩塩、または手作りのネギ味噌をつけていただきまーす!

「ジビエ料理は食べ慣れてないので、どうかな?」と少し不安な方には、こちら「猪のボロネーゼパスタ」(1300円)をぜひ。イノシシ肉のミンチを、赤ワインとトマトでじっくり煮込んでパスタに絡めています。

店主いわく、初めてジビエ料理を食べる方にも食べやすい味付だそうで、ジビエ初トライの方は、まずはコチラをお試しあれ。新しいトビラが開くかも…ですよ。

路地裏にある『類友』は大人の隠れ家的ムード。種類豊富なお酒と一緒においしいジビエで大人な時間を

シックな雰囲気の店内には、カウンターに9席ほど。おひとりさまでも入りやすいし、デートにもぴったりです。

『類友』ではこのほか、鴨肉を味わえる鍋もあって、寒くなるこれからの時期には楽しみですね。また、ジビエ料理によくあうワインをはじめ、カクテルや銘柄豊富な果実酒などドリンク類も充実。

高タンパク・低カロリーで栄養価も高いと、いいこと尽くしのジビエ料理とおいしいお酒で、ちょっぴり大人なディナータイムを満喫しましょう。舌の肥えた大人なグルメのみなさんもきっと満足できると思いますよ!

創作ダイニング 類友

ルイトモ
電 話:0852-28-0744
住 所:島根県松江市伊勢宮町523-6 リーシュビル1F [MAP]
営 業:17:00~24:00(OS23:30)
休 み:日曜
駐 車:なし

情 報:Facebook Instagram

シェアする!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
編集部べーやん

タウン情報ラズダ編集部

編集部べーやん

山陰のタウン情報誌「ラズダ(Lazuda)」の編集長。出雲市佐田町出身。
入社以来、ラズダを作り続ける編集スタッフ。新しいラーメン屋には行かなきゃ気が済まないィィ性格(だそう)。
超ローカルYouTubeチャンネル「Lazuda TV」の立ち上げから、企画・編集・出演を務めています!

YouTubeチャンネル【Lazuda TV】

べーやんのTwitter

会社のべーやんブログ

おしゃれスポット・ショップグルメジビエ記念日・アニバーサリー創作料理肉料理