おもちゃ箱みたいなログハウス!『BIG BOX津和野 島根』のかわいすぎるログハウスは趣味部屋に◎【ラズダ広告】

編集部いしやん
編集部いしやん

自分で建てることもできる!『BIG BOX津和野 島根』のミニログハウスは見た目も使い勝手も抜群

「ログハウス」と聞くと、丸太で組んだ豪快なお家のイメージ。宿泊施設としてキャンプ場などにも設置されているところもありますよね。

しかし、世界は広い……!

最近はこ~んなかわいいログハウス、しかもコンパクトなサイズが話題なんだとか!

↓↓↓

クリーム色がかわいいミニサイズのログハウス。この手は最近、雑貨屋さんやカフェなどとして利用されているそう。

一般的な物置小屋よりも少し大きいサイズも。これぐらいなら、子どもたちの遊び部屋になったり、友達を招いてお茶会したりなんてことも。

ステキだ……!

写真を見れば見るほどに、ワクワクが止まらなくなるログハウス。建てた人の顔も生き生きしてて“夢、叶えました”感がスゴイ。

というわけで、今回はこちらのログハウスの販売をしている『BIG BOX津和野 島根』へ。気になる性能や特徴、こんな人にオススメなどなど。いろいろ聞いてきました!

『BIG BOX津和野 島根』の展示場があるのは、島根県津和野町瀧元955[MAP]。『BIG BOX津和野 島根』は津和野町の建設会社・日成建設さんが運営しています。

会社HP→【(株)日成建設】

『BIG BOX津和野 島根』のログハウスは家の中なのに森林浴してるみたい♪

早速、『BIG BOX津和野 島根』の展示場兼事務所へ。中はもちろん、木、木、木。材料は北欧から仕入れた無垢のパイン材なので、どこを切り取ってもぬくもりにあふれています。

薪ストーブはオプションですが、今回話を聞いた『BIG BOX津和野 島根』の坂崎さんいわく、ほとんどのオーナーさんが設置されるみたい。(そりゃそうだ!)

こちらの展示場は「ユニログハウス」シリーズ。主に住居として利用されるタイプなので、2階建てで複数部屋があります。

寒さの厳しい北欧発祥のログハウス。もちろん窓は断熱性の高いペアガラスです。

『BIGBOX』のログハウスの最大の特徴は、各シリーズが専用キットになっている点。写真(↓)のようなパーツになっていて、それを組み上げていくんです。

「パーツを組み上げていく中で、すき間はどうなるの?」と聞くと、家全体の重みでパーツが圧縮され、すき間がなくなるとのこと。津和野町は寒さも厳しいエリアですが、坂崎さんによるとログハウスだから寒いということはないんだそう。

『BIG BOX津和野 島根』の展示場にはかわいい「ガーデンハウス」と「ミニログハウス」も

『BIG BOX津和野 島根』には、住居用の「ユニログハウス」のほかに、物置小屋として使える「ガーデンハウス」も。

文字通り、お庭などに設置する物置小屋。ですが見た目がとってもオシャレで、カラーリングもかわいいですよね。展示場に設置されているのは、広さ2畳ほどの「カレラ」。

簡単に組み立てができるので、大人2人もいればDIYも可能!大人で組み立てて、子どもたちと一緒にペンキ塗り、なんてのも楽しそう~♪

「ガーデンハウス」には、広さ6畳ほどのタイプも。写真は「ロマーニ」で、こちらは正面にはドアと窓も。最近トレンドのサウナ部屋として利用する人もいるようですよ~!

店舗用としても!人気No.1シリーズ「ミニログハウス」

『BIG BOX津和野 島根』には、様々なシリーズのログハウスを揃えていますが、一番人気は「ミニログハウス」シリーズ。通称・ミニログ。

サイズはおおよそ6畳からあり、そのバリエーションの数は『BIG BOX津和野 島根』の中でも屈指。6畳と聞くと、小さく感じますが、趣味部屋やちょっとしたホームパーティーを開く程度なら充分な広さ。

むしろコンパクトな方が、秘密基地みたいでワクワクする!

電気工事はオプションですが、電気を繋げれば快適さもグッとアップ。家では場所をとったり、周りに気を遣ったりすることも、このミニログなら気兼ねなく没頭できそう。

“自分だけのスペースがある”ってだけで、週末が楽しみになりますよね~。音楽を聴いたり、弾いたり。時にはお友達を呼んでホームパーティー、子どもたちの遊び部屋などなど。眺めているだけでも夢が膨らみます!

「ミニログハウス」シリーズはオプション以外に、建物を複数連結することも可能。この拡張性・自由度の高さも人気の秘密みたいです。

また、最近ではカフェや雑貨屋さんといった店舗利用されるケースも増加中とのこと。

実際に建てたログハウスを訪問してみた

『BIG BOX津和野 島根』の坂崎さんから、せっかくならと案内されて伺ったのは、実際に建てられた「ミニログハウス」シリーズ。

こちらは通常のミニログハウスに、キッチン、トイレ、お風呂をくっ付けたバージョン。(もはや家!)

元々、人に貸し出す予定で建てたそうなんですが、あまりにも気に入っちゃって、今は自分が利用しているとのこと!6畳のお部屋にはロフトベッドが付いています。トイレとお風呂は別なのもいいな~。

建築当初、室内は明るい色合いだったそうですが、時間の経過とともに色合いも落ち着いた印象。これも無垢のパイン材を使うログハウスならではの魅力ですね。

オーナーのお孫さんがお友達を連れてきて、遊び部屋として使ったり、お泊まり用に使ったりと、ガンガン活用中。

コロナ禍以降、“お友達の家へ遊びに行く”という機会が減っている中、家の外にあるミニログハウスは絶好の遊びスペースになっているようです。これは子どもたちも楽しいだろうな~!

ミニログハウスは自分色に染められるおもちゃ箱みたいな空間でした

新建材に囲まれた気密住宅とは異なり、天然素材の調湿効果で快適な癒しの生活がおくれるログハウス。そして、自分で手間をかけるからこその楽しみ、無垢材ならではの心地良さといった、数字にできない魅力がいっぱいでした。

お庭にちょっとでもスペースがあるなら、趣味部屋にひとつ注文したい!

(あ、でもまずは家or土地買わなきゃ…)

なお、展示場は津和野町にありますが、注文・施工は島根県全域OKなので、お気軽に相談してみてくださいね。

HPを見ているだけでも、ワクワクが止まらなくなりますよ~!

BIG BOX津和野 島根

ビックボックス
電 話:0856-74-0722(株式会社日成建設)
住 所:【展示場】島根県鹿足郡津和野町瀧元955 [MAP]
駐 車:あり
情 報:HP

シェアする!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
編集部いしやん

タウン情報ラズダ編集部

編集部いしやん

島根・鳥取のタウン情報誌ラズダ編集部スタッフ。島根県松江市出身→浜田市→大阪→奈良→松江市在住。
「日刊webラズダ」では編集デスクを務めています(ただの机です)。喫茶店の冷えたおしぼりと、帽子が大好物な三十路。
日刊webラズダでは主にグルメ、ショップ、キッズ関係の記事を担当しています。あ、あとバツイチ&2児のシングルファーザーです。(←どうでもいい??)

【いしやんの過去記事一覧はこちら】

ラズダ公式Twitter

ラズダ公式Facebook

いしやんのInstagram(フォロー歓迎!)

会社のいしやんブログ

暮らしお役立ち情報おしゃれスポット・ショップ家づくり・リフォーム