津和野で雲海ハント!『津和野城跡観光リフト』が10/24から期間限定で早朝運行

編集部いしやん
編集部いしやん

幻想的な絶景が見られるチャンス!今年も『津和野城跡観光リフト』の早朝運行が今週末からスタート

10月も後半戦!朝晩がグッと冷え込むようになり、すっかり秋本番ですね~。秋晴れの日には、編集部のある松江市でも、早朝は霧に包まれることも…。

こちらは、島根県津和野町にある『津和野城跡』から見た、ある秋の日の早朝の風景。『津和野城跡』と言えば、城下町・津和野の街並みを一望する標高362mの山上にあるかつての山城。

そして、様々な気象条件が整った時にのみ“雲海”が出現することで有名。幻想的な世界観が楽しめるとして雲海シーズンは特に人気なんです。

【関連記事】超レアな絶景! 朝霧に浮かぶ島根の“天空の山城”に出合えたら自慢すべき!

このように神秘的な絶景に出合える、『津和野城跡』へのアクセスは、観光リフトが便利でオススメ。雲海が発生しやすい時期に合わせて、期間限定で早朝運行を実施。毎年、多くの観光客が雲海を求めて利用しています。

そして今年も、いよいよ今度の日曜からスタート。10月24日(日)~11月21日(日)の土日祝で早朝運行が実施されます。

『津和野城跡観光リフト』の場所とアクセス

『津和野城跡』へ行ける観光リフトの場所はここら辺り↓↓

津和野町の『太鼓谷稲成神社』へ、車で上がる途中にリフト乗り場があります。カーナビだと『津和野城跡観光リフト』か『太皷谷稲成神社』を目的地に設定するのがオススメ。駐車場は30台ほどあります。

JR津和野駅からだとバスと徒歩で約30分で到着です。

『津和野城跡観光リフト』の早朝運行は10月24日~11月21日の土日祝。朝7時から運行

通常は9:00~16:00の間運行している『津和野城跡観光リフト』ですが、雲海の出現チャンスが多くなるこの時期に合わせて、早朝運行を実施。

2021年も10月24日(日)~11月21日(日)の期間中の土日祝のみ、朝の7時からリフトを利用できます。

『津和野城跡観光リフト』期間限定早朝運行まとめ
運行期間 2021年10月24日(日)~11月21日(日)の土日祝のみ
運行時間 7:00~16:30(通常は9:00~16:30)
運賃 往復大人700円、小学生以下500円*通常と同じ
問合わせ 0856-72-0652(津和野町商工観光課)
0856-72-0376(津和野城跡観光リフト)

津和野城跡の雲海の様子はYouTubeでも見られます!

『津和野城跡』から見える雲海を撮影した動画はYouTubeでも公開中。これを自分の目で実際に見られたら最高ですね~。

サムネイル

なお、雲海は、様々な気象条件が整った時のみに見ることができるとってもレアな自然現象。現地で必ず見れるものではないのでご了承を。

また、『津和野城跡観光リフト』は、天候によっては臨時運休になり場合もあるため、事前に確認しておくのがベターです。

出合えたらラッキー!超レアな絶景求めて『津和野城跡』へ。がんばって早起きした価値アリな眺めをその目に焼き付けて

『津和野城跡』では例年だと、11月上旬~中旬頃に紅葉が見ごろを迎えます。本当にラッキーな人は雲海と紅葉のコラボに出合えるかも♪

もし雲海を拝めなかったとしても、遠くには山々の稜線、眼下には津和野の街並みを一望。早朝の澄んだ空気に包まれて、とっても気持ちのいい朝時間が過ごせて、これはこれでアリかなぁと個人的には思います。

秋が深まり、これからますます、朝お布団から出たくない~ってなりがち。だけど、『津和野城跡』の朝の景色は、頑張って早起きして見る価値は絶対あると自信をもってオススメします。

石垣の頂上から朝霧に包まれた城下を見下ろす幻想的な風景をぜひ体感してくださいね。

さらに詳しい情報はコチラ↓でチェック!
【津和野城跡観光リフト】10/24(日)より期間限定 早朝運行のご案内

シェアする!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
編集部いしやん

タウン情報ラズダ編集部

編集部いしやん

島根・鳥取のタウン情報誌ラズダ編集部スタッフ。島根県松江市出身→浜田市→大阪→奈良→松江市在住。
「日刊webラズダ」では編集デスクを務めています(ただの机です)。喫茶店の冷えたおしぼりと、帽子が大好物な三十路。
日刊webラズダでは主にグルメ、ショップ、キッズ関係の記事を担当しています。あ、あとバツイチ&2児のシングルファーザーです。(←どうでもいい??)

【いしやんの過去記事一覧はこちら】

ラズダ公式Twitter

ラズダ公式Facebook

いしやんのInstagram(フォロー歓迎!)

会社のいしやんブログ

レジャー絶景スポット・景観歴史・伝統季節限定おすすめスポット秋季限定冬季限定地元ニュース