朝が弱い人必見!布団の中でもできる体にスイッチを入れる方法(最高のコンディション編2)【RYOKOのスマイルボディコラムvol.56】

スプリット前谷さん
スプリット前谷さん

寝起きをよくして身体スイッチを入れよう

みなさん、こんにちは。山陰在住の理学療法士×スポーツトレーナーのRYOKOです!

寒くなり布団から出るのが辛くなってきましたね……。朝起きるのが得意な人、苦手な人それぞれあるのではないでしょうか?

今回は朝起きるのが苦手な人に、特に読んでいただきたい記事です。

朝起きるのが苦手な人の中には、副交感神経が優位な人がいます。

  • なんとなく朝起きれない
  • 朝ぼーっとする

などなど。この場合、自律神経がある頭や、上半身に血流を流してあげると身体スイッチが入ります。

身体スイッチの入れ方《ロールダウン》。

ロールダウンはピラティスのひとつの種目。ヒップホップダンスの技の名前にもなっています。

方法は簡単で、立っているところから頭を下げ、身体が股関節から二つ折りになるようにします。そこからお腹・背中・首の順番に持ち上げるだけ。これを2〜3回繰り返します。

頭の方に血流が流れるだけでなく、筋肉や背骨も動かすことができ身体のスイッチが入ります。横になってもできるので、布団の中でも、丸まるようにしてやってみてください。

朝の目覚めもスッキリさせれば、気持ちのいい一日を過ごせるはずですよ~!

シェアする!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
スプリット前谷さん

Sprittr スポーツトレーナー/理学療法士

スプリット前谷さん

鳥取県南部町にあるBody make studio Sprittr(ボディメイクスタジオ スプリット)代表。怪我や病気の予防的なからだ作りを発信・提案中。理学療法士資格を持ったフリーランストレーナー。

【スプリット前谷さんの過去記事一覧はこちら】

Sprittr Twitter

Sprittr HP

暮らしお役立ち情報健康地元ライター連載コラムストレッチ・エクササイズトレーニング・ボディメイク