眼精疲労を招く原因は?今すぐにできる対策のコツも紹介(最高のコンディション編4)【RYOKOのスマイルボディコラムvol.58】

スプリット前谷さん
スプリット前谷さん

デスクワークと言えば「眼精疲労」に気をつけよう!

みなさん、こんにちは。山陰在住の理学療法士×スポーツトレーナーのRYOKOです!

パソコンやタブレットが普及して、以前より注目されるようになった「眼精疲労」。当たり前に、デスクワークの時間が長くなれば「眼精疲労」を感じる人も多いと思います。

前回のコラム>デスクワークが多い人必見!心と体のオン・オフの切り替えのコツ

みなさんは眼精疲労の対策、何をしていますか?

眼精疲労の原因になるのはブルーライトと言われているので、ブルーライトカットのシートや、メガネを使用している人はよく見かけます。

そのほかの眼精疲労対策としては、

  1. 画面の明るさを最適化する
  2. 文字サイズを大きくする
  3. 部屋など周りの照明を明るくする

といった対策もできます。

ひとつの場所を見ていると眉間にシワが寄ることがありませんか?その場合、目に力が入りやすく、眼精疲労も起きやすいです。私はこのタイプで眉間にシワが寄りやすいので、注意して眉毛の間を広げるようなマッサージをします。

今からすぐに実行!2つの眼精疲労セルフ対策

続いてもっと簡単な方法をご紹介します。

簡単方法1「30分以上画面を見ない」

人間の身体は同じ姿勢をキープするようにできていないので、一定時間同じ姿勢を取っていると身体が硬くなり筋肉が凝ります。

30分〜1時間に一度は眼線を画面から外し、自分の好きな景色や窓の外を見るようにしましょう。

簡単方法2「眼を動かす」

【1】ともつながってきますが、眼を動かして遠くを見ます。

遠くにある景色や目的物を決め、肘を伸ばして肩の高さで指を立て「、遠く→近く→遠く→近く」とピントを合わせるようにしてください。眼の周囲に付いている眼輪筋の運動になり、眼の緊張が和らぎます。

簡単なことでも、何回もすると効果は上がってきます。コツコツと自分の身体の健康も作ってみてください!

シェアする!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
スプリット前谷さん

Sprittr スポーツトレーナー/理学療法士

スプリット前谷さん

鳥取県南部町にあるBody make studio Sprittr(ボディメイクスタジオ スプリット)代表。怪我や病気の予防的なからだ作りを発信・提案中。理学療法士資格を持ったフリーランストレーナー。

【スプリット前谷さんの過去記事一覧はこちら】

Sprittr Twitter

Sprittr HP