食べ物から目をねぎらう!目にいい食べ物って?(最高のコンディション編6)【RYOKOのスマイルボディコラムvol.60】

スプリット前谷さん
スプリット前谷さん

継続こそが大切。目にいい食べ物とは?

みなさん、こんにちは。山陰在住の理学療法士×スポーツトレーナーのRYOKOです!

前回は目に対する直接的なケア方法をお伝えしました。今回テーマにした食べ物や栄養素は、身体を中から作っていく方法です。

身体を中から作っていく時、ほとんどの場合、効果がすぐには表れません。ですが継続していくことで、いい変化が分かる時がきます。

目にいい食材として代表的なものは、ブルーベリーなどベリー系の果物。サプリメントもたくさん出ていますが、漢方薬もあります。

どちらもお手軽なので、選択肢のひとつとして知っておいて損はないと思いますよ!

目にいい“栄養素”を知ろう!

栄養素で目にいいものはたくさんあって、ビタミンA・ビタミンB・タンパク質が代表的。いずれにしても偏って摂るのではなく、バランスよく摂っていきたいですね。

ビタミンAは目の粘膜に作用します。緑黄色野菜に多く入っているので、ニンジンやかぼちゃ、ほうれん草などですね。

ビタミンBは目の乾燥をしにくくいてくれます。ドライアイにも良いかもしれません。豚肉やごま、納豆などの豆類に多く含まれています。

タンパク質は細胞の老化を防いでくれます。魚には目に良い栄養素がいます。

食材や栄養素は、“何にいいか”を意識して摂ることで「自分で身体を労ってあげている」という心理的にもプラスの作用があると思います。自分や身体にいいことを意識して取り組んでみてくださいね!

シェアする!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
スプリット前谷さん

Sprittr スポーツトレーナー/理学療法士

スプリット前谷さん

鳥取県南部町にあるBody make studio Sprittr(ボディメイクスタジオ スプリット)代表。怪我や病気の予防的なからだ作りを発信・提案中。理学療法士資格を持ったフリーランストレーナー。

【スプリット前谷さんの過去記事一覧はこちら】

Sprittr Twitter

Sprittr HP