浜田駅前の名喫茶『日東紅茶ティーパーラー』。公衆電話やゲーム機など在りし日がそのままに

編集部いしやん
編集部いしやん

浜田駅前に店を構えて半世紀!思い出いっぱいの老舗喫茶『日東紅茶ティーパーラー』

島根県浜田市のJR浜田駅前にある『日東紅茶ティーパーラー』は、1967年から店を構える老舗の純喫茶。

今では珍しい食品サンプルを飾った店前のショーケース、お店の看板、レンガ造りの歴史を感じる外観。どこを切り取っても、創業当時の面影を残すレトロな店構え。アンティークな“昭和感”満載のクラシックカフェです。

『日東紅茶ティーパーラー』のお店の場所、駐車場

『日東紅茶ティーパーラー』があるのは、JR浜田駅のすぐ目の前にある商店街・どんちっちタウン入り口あたり。駅南口のロータリーすぐそばにあり、説明不要な分かりやすい立地です。

現在は8:00頃~16:00と短縮営業中。定休日は不定休です。お店の専用駐車場はないので、近隣の有料パーキングを利用しましょう。

【周辺のオススメスポット】浜田市観光の新拠点『はまだお魚市場』の見どころを解説!リニューアルオープンでグルメも充実

創業当時から変わらない名喫茶。店内に一歩足を踏み入れたら時計の針が止まったような異次元空間が

『日東紅茶ティーパーラー』は今年で創業55年。あたかもここだけ時の流れが止まったかのように、当時の面影を色濃く残す、在りし日の思い出がギュッと詰まった空間となっています。

懐かしく感じる人も、逆に異世界の新鮮さを覚える人も多いかもしれませんね。

もともとは、フレンチの研鑽を積んだ先代が始めたお店である『日東紅茶ティーパーラー』。現在の店主も当時の味を継承し、豊富なカフェメニューに加え、手作り洋食でもてなしてくれます。

昭和感漂う店内には、カウンター3席にテーブル席も用意。ひとりでもふらっと入りやすく、場所柄、電車や高速バスの待ち時間に利用するお客さんも多いようです。

店内には、磁石式公衆電話とか、かつて一世を風靡したテーブル兼用のレトロなゲーム機も。見る人が見れば超懐かしい貴重なアイテムがいっぱい!

いたるところに昭和の名残を感じられます。まるで博物館のような空間ですね。

洋食メニューも創業当時と変わらぬ味。イチオシは秘伝の自家製ソースで味わう鉄板ミートソーススパゲティ

レトロな昭和風の空気感が魅力の『日東紅茶ティーパーラー』ですが、先代から引き継がれた手作り洋食でも、昔ながらの喫茶の雰囲気を堪能できます。

中でもオススメは「スパゲティ(ミートソース)サラダ付」(700円)。創業当時から変わらない昔ながらのスパゲティ。常連客に長年愛されてきたひと品です。

自家製のミートソースはほど良く濃い目の味付け。なので、鉄板に敷かれた玉子と合わせるとよりまろやかな味わいを楽しめて最高。いつまでも熱々でいただけるのもこの時期特にうれしい~。

このほか、島根県産米を使った「焼肉定食」(800円)や「カレーライス」(700円)なども根強い人気。

おいしい定食や洋食でお腹が満たされた後は、「ブレンドコーヒー」(430円)のほか、おいしいと評判で遠方からわざわざ飲みに来るファンもいるという「ミックスジュース」もオススメです!

浜田駅前で半世紀以上もの間、街の風景に馴染み人々から愛され続ける『日東紅茶ティーパーラー』。

昭和生まれじゃなくてもなんとなく懐かしくて温かい気持ちになる不思議空間で、おいしい食事やドリンクをおともに、タイムトラベル気分に浸りましょ♪

日東紅茶ティーパーラー

ニットウコウチャティーパーラー
電 話:0855-22-0613
住 所:島根県浜田市浅井町1565 [MAP]
営 業:8:00頃~16:00*短縮営業中
休 み:不定休
駐 車:なし

シェアする!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
編集部いしやん

タウン情報ラズダ編集部

編集部いしやん

島根・鳥取のタウン情報誌ラズダ編集部スタッフ。島根県松江市出身→浜田市→大阪→奈良→松江市在住。
「日刊webラズダ」では編集デスクを務めています(ただの机です)。喫茶店の冷えたおしぼりと、帽子が大好物な三十路。
日刊webラズダでは主にグルメ、ショップ、キッズ関係の記事を担当しています。あ、あとバツイチ&2児のシングルファーザーです。(←どうでもいい??)

【いしやんの過去記事一覧はこちら】

ラズダ公式Twitter

ラズダ公式Facebook

いしやんのInstagram(フォロー歓迎!)

会社のいしやんブログ