中南米産の生豆を自家焙煎。湯梨浜町の老舗喫茶『葡瑠満(ブルマン)』でまったり時間を

編集部いしやん
編集部いしやん

昭和の風情とコーヒーの香りに満ちる湯梨浜町の老舗喫茶『コーヒーハウス葡瑠満』

鳥取県中部・湯梨浜町にあるコーヒー専門店『コーヒーハウス葡瑠満(ブルマン)』は、開店から今年で40年の周辺界隈でも屈指の老舗喫茶。

自家焙煎コーヒーや、手作り洋食が地元民を中心に長く愛されている人気の喫茶店です。

『コーヒーハウス葡瑠満』のお店の場所、駐車場

『コーヒーハウス葡瑠満』があるのは、東伯郡湯梨浜町久留。国道179号の「湯梨浜町役場入口」交差点の角地にある、赤レンガをあしらった洋館風の外観が目印です。

近くには役場のほか、『ハワイアロハホール』などがあり、駐車場も20台とたっぷり。営業時間は7:50~18:00(OS17:30)、定休日は月曜ですが、祝日の場合は営業されますよ。

【周辺のオススメスポット】肉売ってる自販機。タンとかハラミとか24時間買える【山陰の自販機】

毎朝、自家焙煎する自慢の一杯はコーヒー通も納得の味。レトロ空間で香り高いアロマを心ゆくまで

店内はレンガ造りの内装が洋館風でイイ感じ。深みのある赤い色のソファ、アンティークなライトも、お店の空気感にマッチしていますね。

照明はほんのりと薄暗く、落ち着いた雰囲気。店中に漂うコーヒー豆の香りに癒される、居心地抜群の空間です。

『ブルマン』といえば、とにかくおいしいコーヒーが飲める、といったイメージ。看板商品のコーヒーは、ブラジルやコロンビアなど、中南米産の生豆を中心に仕入れ自家焙煎。

「コーヒーは煎りたてが一番おいしい」との思いから、毎朝焙煎を行っているという徹底ぶりなんですよ。

数種類の豆を使ったブレンドのほか、「モカ」や「キリマンジャロ」などのストレートもラインナップ。コーヒー通も必ずや満足できる一杯がゆったりと楽しめます。

店舗入り口にある焙煎室は、客席からも見える構造になっています。

マスターがじっくり、丁寧に豆を焙煎していく様子を眺めながらいただくコーヒーの味は格別かも!

「葡瑠満ブレンドコーヒー」(420円)

オープン当時からある店名を冠したブレンドコーヒー。昔と変わらずお店のオリジナルカップ&ソーサーで提供されます。豆の種類や配合を随時変えながら、改良してきた一杯は、比較的飲みやすい味わい。

『ブルマン』では、ブレンドはドリップマシーンで、ストレートはサイフォンで淹れたものを提供。それぞれの豆が最高のパフォーマンスを発揮できるように、一つひとつ工程を工夫しているこだわりぶりに頭が下がりますね~。

また、『ブルマン』では、オムライスやナポリタン(790円)、ハンバーグステーキ(1150円)といった定番の手づくり洋食の種類も豊富。さらにはケーキセット(880円)や、パフェといったスイーツ類も評判なんですよ。ランチやカフェタイムにも『ブルマン』はオススメです!

丁寧に淹れられたコーヒーの味わいと香りに癒されながら、心和む至福のひと時を『ブルマン』で過ごしてみませんか?

コーヒーハウス葡瑠満

ブルマン
電 話:0858-35-3968
住 所:鳥取県東伯郡湯梨浜町久留17-3 [MAP]
営 業:7:50~18:00(OS17:30)
休 み:月曜*祝日の場合営業
駐 車:20台

シェアする!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
編集部いしやん

タウン情報ラズダ編集部

編集部いしやん

島根・鳥取のタウン情報誌ラズダ編集部スタッフ。島根県松江市出身→浜田市→大阪→奈良→松江市在住。
「日刊webラズダ」では編集デスクを務めています(ただの机です)。喫茶店の冷えたおしぼりと、帽子が大好物な三十路。
日刊webラズダでは主にグルメ、ショップ、キッズ関係の記事を担当しています。あ、あとバツイチ&2児のシングルファーザーです。(←どうでもいい??)

【いしやんの過去記事一覧はこちら】

ラズダ公式Twitter

ラズダ公式Facebook

いしやんのInstagram(フォロー歓迎!)

会社のいしやんブログ