【新店】『幸せの黄金鯛焼き 米子店』オープン!海沿い散歩のおともにオススメ

編集部あつきち
編集部あつきち

幸せた~っぷり♪『幸せの黄金鯛焼き』の路面店が皆生温泉近くにオープン!

山陰のタウン情報誌ラズダ編集部のあつきちです。

たい焼き、好きですか?

私はたい焼き大好き!泳いでいるような見た目もかわいいし、「小腹がすいた!」って時のおやつにもピッタリだし。

温かい餡やカスタードが入ってると、気持ちもなんだかホッコリする。ドライブのおともにも、ちょっとした手土産に“ちょうどいい”たい焼き。

私も愛するたい焼き、その専門店『幸せの黄金鯛焼き』の路面店が米子市皆生温泉近くにオープンしました。

※キッチンカーの『幸せの黄金鯛焼き 米子店』とは別経営の路面店です

全国にキッチンカーや路面店を展開する『幸せの黄金鯛焼き 米子店』が米子市皆生エリアに登場。

米子市内には以前からキッチンカーが走っていますが、今回オープンしたのはキッチンカーではなく常設の路面店。路面店としては、西日本でも珍しいみたい!

『幸せの黄金鯛焼き 米子店(路面店)』の場所・駐車場

住所は鳥取県米子市新開1-7-38。営業時間は10:30~17:00(売り切れ次第終了)。

毎週水曜と第2・4木曜定休で、祝日の場合は営業(その代わり祝日前後どちらかが休みになります。店舗のインスタグラムでお知らせ中)。

お店が皆生エリアにあるので、海沿いの散歩のおともにもピッタリですね!

駐車場について

お店の前に停車スペースがあり、そのスペースに一時的にとめて買い物をされている車を見かけますが、『幸せの黄金鯛焼き 米子店』専用駐車場を確保しているので、ぜひこちらにとめてくださいね(^^)

オレンジ色で大きく「たいやき」と表示されています!

サプライズの連続!? 『幸せの黄金鯛焼き』米子店舗での販売メニュー

『幸せの黄金鯛焼き』のたい焼きを食べた事がある方はご存知かもしれませんが、ほかとは違うちょっと変わったたい焼きです。

それは、

餡が2層になってる!

米子店(路面店)では「黄金あん」、「粒あん」、「カスタード」の3種類を用意。

「黄金あん」は安納芋(サツマイモ)餡のこと。「粒あん」、「カスタード」にはそれぞれの餡・クリームと一緒に、安納芋餡(黄金あん)が2層になって入っているんです。

これが、『幸せの黄金鯛焼き』ならではの味わい!

「黄金あん」に入っているのは安納芋餡のみで、こぼれるほどたーっぷり入ってますよ。種子島産の安納芋を使用しています。

「黄金あん」
「カスタード」(黄金あんとカスタードの2層)

2層になっているのは珍しいので、「よく驚かれます」と店主。

私的には安納芋餡と、もうひとつの味わいが2層に入っているなんて、めちゃくちゃうれしいサプライズ!と思うんですけどね~。

食べてビックリ。ふわふわ、モチモチの生地と餡が口の中で一緒になって溶けあいます!たまらないおいしさ。

もう一つサプライズ! とろっとろな「わらび餅」も売ってます

米子の店舗には、なんと「わらび餅」も数量限定で販売しています。

まるで、きなこの砂漠。↓

1パック540円のわらび餅は予約も可能。

そしてこのわらび餅、食べてびっくり!

またまたサプライズ!

なんとあんこ入りのわらび餅!

あんこときなこ、合うに決まっています。おいしいし、口に入れた瞬間とろけてなくなりました! それに、たっぷりかかったきなこの中からわらび餅を探すの楽しいです。(笑)

たい焼きにわらび餅に、サプライズを手土産にしてみてはいかがですか?

幸せの黄金鯛焼き 米子店(路面店)

シアワセノオウゴンタイヤキヨナゴテン
電 話:0859-35-5568
住 所:鳥取県米子市新開1-7-38 [MAP]
営 業:10:30~17:00 *売り切れ次第終了
休 み:水曜、第2・4木曜
駐 車:4台
情 報:Instagram

シェアする!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
編集部あつきち

タウン情報ラズダ編集部

編集部あつきち

タウン情報ラズダ編集部。鳥取県米子市、白ネギがおいしい町出身。

好きな食べ物は旬の野菜とくだもの、大豆製品。夏に見るツヤッツヤなナスと、冬のぶっくり太ったカブを見つけると、うれしくてテンションが上がります!

取材先で感動した場所は隠岐の島「摩天崖」、思い出の取材先は境港市「ポパイ」と大田市「Cafe Asbach」。
偶然が生む発見が大好物!ハプニングは好きな方です!

【あつきちの過去の記事一覧はこちら】

ラズダ公式Instagram

あつきちのInstagram