山陰のお隣・蒜山に『トラットリア ケナル』オープン。緑豊かなリゾート地で本格イタリアン

編集部あつきち
編集部あつきち

イタリアンシェフ監修!山陰のお隣、蒜山高原に『トラットリア ケナル』が誕生

岡山県真庭市の蒜山高原は、広大な牧草地に広がる空、緑など自然豊かなリゾート地。山陰に住む人、特に中海圏で暮らす人にとって、“ちょっと遠出したい”時のおでかけ先にもピッタリな場所ですよね。

そんな蒜山にこの春、おいしさとサステナビリティを追求したレストランがオープン!

2022年3月14日にオープンした『トラットリア ケナル』は、“おいしさとサステナビリティを追求したレストラン”。

岡山県真庭市は「SDGs未来都市」に選定されていて、この地域ならではのレストランですね。

メニューは、地元・蒜山ジャージーの乳製品をはじめ、地産地消の野菜を使用。季節ごとの旬を楽しめるよう工夫されています。蒜山高原の魅力を舌で存分に満喫できますよ~!

メニューを監修するのは、「日本サステイナブル・レストラン協会」の国内第1号店である兵庫県のイタリアン『ボッテガブルー』のシェフ・大島隆司さん。

『トラットリア ケナル』の場所・アクセス

『トラットリア ケナル』の住所は岡山県真庭市蒜山上福田かじや515-4。

営業時間は11:00~18:00(OS17:30)、金曜と日曜、祝日はディナー営業ありで11:00~21:00(OS20:30)。ランチのオーダーストップは16:30となります。定休日は水曜。

ランチは焼きたてピッツァ、パスタを召し上がれ

ランチはピッツァとパスタが自慢。ピッツァは外は香ばしく中は柔らかく焼き上げ、パスタは最高級デュラム粉の生麺を使ったモチモチ食感が楽しめます。

サステナブル・3つ星レストランのシェフが監修するメニュー、食べてみたい!

蒜山ジャージーの牛肉をたっぷり使ったラザニアに・・・

シェフお得意のナポリピッツァ!

マルゲリータからビスマルクなど、どれを食べようか選ぶのも楽しそう♪ ピッツァはテイクアウトもOKとのこと。

蒜山ジャージー牛乳、県内産の平飼い卵を使ったプリンやケーキなど、食後の楽しみも。

木のしつらえや空間デザインにも注目

天井やテラス、テーブルなどに使用している木材にも注目。テーブルの天板に蒜山産の一枚板が使ってあったり、丸太をベンチスツールに活用したり。

「サステナブル」がテーマなだけあり、店内随所にこだわりがキラリ。木ならではの温かみを感じられて、ゆったりとした時間を過ごせそう。

お店の名前は、蒜山の日常の中にあるお店でありたいという意味から、“日常”をあらわす言葉「ケ」いれました。

店内には「ケ」の文字がデザインされた壁も。

観光で蒜山に訪れた人と、暮らす人が交わることでハレ(非日常)とケ(日常)が交わり、地元の方も観光の方どちらも満喫できる空間を目指しています。

春やゴールデンウィークのお出かけ先の候補に、ぜひ!

トラットリア ケナル

トラットリアケナル
電 話:0867-45-7309
住 所:岡山県真庭市蒜山上福田かじや515-4 [MAP]
営 業:11:00~18:00(OS17:30)、金・日曜、祝日11:00~21:00(OS20:30)*ランチのオーダーストップは16:30
休 み:水曜
駐 車:あり
情 報:HP Instagram

シェアする!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
編集部あつきち

タウン情報ラズダ編集部

編集部あつきち

タウン情報ラズダ編集部。鳥取県米子市、白ネギがおいしい町出身。

好きな食べ物は旬の野菜とくだもの、大豆製品。夏に見るツヤッツヤなナスと、冬のぶっくり太ったカブを見つけると、うれしくてテンションが上がります!

取材先で感動した場所は隠岐の島「摩天崖」、思い出の取材先は境港市「ポパイ」と大田市「Cafe Asbach」。
偶然が生む発見が大好物!ハプニングは好きな方です!

【あつきちの過去の記事一覧はこちら】

ラズダ公式Instagram

あつきちのInstagram