【からだハニカムコラムvol.3】〜下っ腹を引っ込める!〜

スプリット前谷さん
スプリット前谷さん

まずは下っ腹チェックをしてみよう

こんにちは! Body make studio Sprittrの前谷涼子です。

今回はお腹まわりでも特に「下っ腹(ぽっこりお腹)」のお肉をどうしたら引っ込められるか、がテーマです!

まず、お腹(下腹部)の体の作りがどうなっているかというと、骨盤の中には内蔵・筋肉(インナーマッスル)があり、筋肉(アウターマッスル)で表面を守っています。また、腸には約1キロの宿便があるといわれていますし、子宮は生理周期によって形を変えますので、生理前後でお腹まわりの膨らみが変わります。

☆この情報を知っておくと、自分でボディラインを見るとき少し余裕が生まれます☆

ぽっこりお腹は、食生活や骨盤の歪みなどいろいろな原因を含んでいるといわれています。自宅でセルフトレーニングをして改善していく場合は、骨盤の動きが必要になります。簡単にチェックできるので一緒にトライしてみましょう!

開脚をして、骨盤が垂直に立ちますか?

背中が丸くなる場合、骨盤も背中側に倒れていることが多いです。ということは、腰〜お尻にかけて、骨盤につながる筋肉や関節の動きが十分に出ていない可能性が高いです。このチェック姿勢も、ぽっこりお腹改善のストレッチになります。

次回は骨盤の運動についてお話しますね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!