石垣をよじ登る…巨大亀!?【山陰フォト散歩】

編集部あつきち
編集部あつきち

鳥取市の青谷で見つけた、世にも奇妙な・・

みなさん、こんにちは!

山陰のタウン情報誌「ラズダ」編集部・「石垣の亀石」です。

あ、名前間違えた!

改めまして、山陰のタウン情報誌「ラズダ」の編集部あつきちです。みなさんこんにちは。

さっきの写真の中に何者かが隠れていたんですが、気づきましたか?

亀!!

鳥取市青谷町の「蔵内観音堂」で見られる、「石垣の亀石」です。

場所は鳥取市青谷町日置谷地区。蔵内にある不思議な不思議な、「石垣の亀石」です。

鳥取市青谷町内にひそむ亀石が気になる

この「石垣の亀石」に会いに行ってみようと思ったのも、青谷駅で見かけた町内マップがきっかけ。

貼ってあるポスターを見て「石垣の亀石ってなんだ?」と、脳内ハテナだらけになり、このマップだけを頼りに「石垣の亀石」を探してみることに。

「日置桜酒造史料館」あたりから、日置川沿いに曲がり角を見つけては曲がって→探す→戻って曲がって→探すの繰り返し。

地元の人がいたら聞いてみたり。ご存じない方もおられたんですが、わりとすぐ見つかりました!

行き方の説明

県道280号線沿いを走って「月守神社」がある方向の曲がり角を曲がって、神社すぎて突き当り!そのあたりに2階建ての公民館があります。
Googleマップの場合は「鳥取県鳥取市青谷町蔵内294-1」で検索すると公民館の場所がヒットするので、迷わず行けるハズ!
そのすぐ近くに、「観音堂 石垣の亀石」と書いてある看板!

この看板を見つけた時の感動といったら・・。

公民館の場所から歩いて3分程度、観音寺に「石垣の亀石」があります。

歩き始めたら分かれ道があるので、これは右に行ってください。するとすぐ亀石が見えます。

私ははじめ左に曲がってしまって突き当たってしまったのですが、そこで作業服きた地元の方がおられたので場所を聞くことができました!

(地元の方、めちゃくちゃ汗かかれていたのに現地までついてきてごさいた)

\右側の石垣に亀がよじ登ってる/

秋は銀杏スポットとして人気

境内は広く、ひと気もなく静か。行った日も含め気温の高い日夏場はめちゃくちゃ暑い!けど、木の下にベンチもあるので日陰で休めます。

また、秋になると境内の大きなイチョウの木が色づき、見ごたえある秋景色が楽しめるみたい!

もしかしたらこの「石垣の亀石」も毎年イチョウの見頃を楽しみにしているのかもしれないですね。
行かれた際には、ぜひ角度を変えながら楽しんでみてください!

石垣の亀石

住 所:鳥取県鳥取市青谷町蔵内 [MAP]
駐 車:なし

シェアする!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
編集部あつきち

タウン情報ラズダ編集部

編集部あつきち

タウン情報ラズダ編集部。鳥取県米子市、白ネギがおいしい町出身。

好きな食べ物は旬の野菜とくだもの、大豆製品。夏に見るツヤッツヤなナスと、冬のぶっくり太ったカブを見つけると、うれしくてテンションが上がります!

取材先で感動した場所は隠岐の島「摩天崖」、思い出の取材先は境港市「ポパイ」と大田市「Cafe Asbach」。
偶然が生む発見が大好物!ハプニングは好きな方です!

【あつきちの過去の記事一覧はこちら】

ラズダ公式Instagram

あつきちのInstagram