秋の七草もみっけ♪松江市『涼み殿公園』でオバケみたいな葉っぱ探し【公園であそ部】

編集部あつきち
編集部あつきち

松江市大庭町『神魂(かもす)神社』近くの『涼み殿公園』で自然遊び

「秋」いっぱい見つけてきました!

こんにちは。山陰のタウン情報誌「ラズダ」の編集部あつきちです。

松江市大庭町にある『涼み殿公園』は、遊具もベンチも何もないけど、自然を使って遊べる公園。

季節の野花などを見たり、色づいた葉っぱを使って遊んだり。今回は自然いっぱいの公園の紹介です。

『涼み殿公園』の場所、駐車場

国道432号線から『神魂神社』に入る道(神魂神社線)を曲がって車で2~3分ほど走ると、『出雲かんべの里』を越えた先に『神魂神社』専用駐車場があります。

神社から公園までは歩いてすぐ。公園の隣にある立正大学湘南学園高等学校正門入口も目印。

景色もいいよ!参拝帰りに寄ってみて

『涼み殿公園』。

「すずみどのこうえん」と読むみたい。不思議な名前ですよね・・・! 由来が気になる。

山を切り開いてできたような場所だなぁ~。

階段は滑りやすくなっているので、登りも下りも気を付けてください。

私が行ったのは雨が降った後だったので、滑りやすくなっていました。階段はそんなに登りませんが、念のため滑り止めがついたスニーカーで行くことをオススメします!

てっぺんには、遊具もないし、東屋も、ベンチもない!

だけど、最高に気持ちいい眺望。

それと生き生きとしている木や植物たち。

ある人にとっては「何もない」場所だけど、ある人にとったら、季節感たっぷりのワクワクする場所

な~んにもない場所で、ひと際目立つムラサキ色の小さな花。山野草・・・??

花に興味はあるけれど、花に詳しくはない・・・ので、とりあえずGoogleカメラに頼ってみると、「ヤマハギ」と出ました。

ハギは、「秋の七草」のひとつだそう。1月7日に食べる「春の七草」は知ってるけど、「秋の七草」は初めて見た?かも。

華やかさはないけれど、静かに咲いている感じがかわいらしい。

花言葉は「思案」、「柔軟な精神」などなど・・・。

もうすぐハロウィンなので

「もうすぐハロウィンじゃん!」と急に思い立ち、オバケみたいな葉っぱを探してみることに。(一人で…。)

葉も紅葉して、秋の七草も見られて、もしかしたらいいタイミングに来たのかも。

『神魂神社』の参拝ついでに立ち寄ってみてください。

涼み殿公園

住 所:島根県松江市大庭町 [MAP]
駐 車:神魂神社駐車場が近くにあり
【トイレ】なし
【手洗場】なし
【自販機】なし

【公園であそ部って?】全力で“子ども”に戻る「公園の魅力“再発見”コラム」

公園といえば、子連れさんはもちろん、散歩をしたり、愛犬と一緒に散歩をしたり、天気の良い日は乾いた芝生の上で寝転がったり。言うまでもなく利用方法は人によって様々。最近では運動不足解消にウォーキングを楽しむ人も増えてきています。

このコラムは、米子・松江・出雲エリアを中心に、山陰の様々な公園に突撃し、童心に返った筆者が全力で公園の魅力を筆者視点で余すことなく(?)紹介していくコーナーです。

シェアする!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
編集部あつきち

タウン情報ラズダ編集部

編集部あつきち

タウン情報ラズダ編集部。鳥取県米子市、白ネギがおいしい町出身。

好きな食べ物は旬の野菜とくだもの、大豆製品。夏に見るツヤッツヤなナスと、冬のぶっくり太ったカブを見つけると、うれしくてテンションが上がります!

取材先で感動した場所は隠岐の島「摩天崖」、思い出の取材先は境港市「ポパイ」と大田市「Cafe Asbach」。
偶然が生む発見が大好物!ハプニングは好きな方です!

【あつきちの過去の記事一覧はこちら】

ラズダ公式Instagram

あつきちのInstagram