堂々たるキノコの存在感。米子市大篠津の不思議な公園『旭が丘公園』【公園であそ部】

編集部あつきち
編集部あつきち

まさか!こんなところにキノコがあるなんて in米子市大篠津町

こんにちは。山陰のタウン情報誌「ラズダ」編集部あつきちです。

【公園であそ部】シリーズ未開拓地・米子市大篠津町に、「キノコ」が生えてる公園があるとの情報が。

行かねば!ということで早速、行ってきました↓↓

あ・・・キノコだ!

米子市街地でもない、こんな田舎の公園に、まさかキノコの公園があるとは!

自分の地元(弓ヶ浜)からも近い場所なのに、全然知りませんでした。

ちなみにキノコが生えてる公園は意外とあります。

以前は、島根西部の浜田市にある『石見海浜公園』を紹介しました。

・・・キノコ、流行ってんのかな?

『旭が丘公園』の場所、駐車場

公園があるのは米子市大篠津町。境港~米子間のちょうど中間くらい。公園に駐車場はありません。

同じ大篠津町内にある『本池美術館』からは400メートルほど。大篠津町を通った際には美術館にもぜひ~!

【過去の取材記事】[オープン]米子の話題スポット『本池美術館』でレザーアートの世界に浸る

やたらキノコに惹かれる公園

ブランコにすべり台、ジャングルジムと公園の王道遊具が揃う中、ナチュラルに公園の風景に馴染むキノコ。

『石見海浜公園』のキノコと比べるとちょっと古そうですが、それだけ愛されてきた証拠・・・?

写真を撮ってもおもしろそう。

キノコの大小も様々で、テーブル代わりにもなりそう。

東屋がない代わりに、キノコのテーブルで秋のピクニックはいかがですか?

そしてこのコブみたいな部分は何なんだろう・・・?

謎多きキノコ!

ツツジの迷路? かくれんぼもはかどりそう

キノコが気になるほか、『旭が丘公園』は、住宅地の中にあるわりに、敷地の大きい公園だな~という印象でした。

時計台もあるので、帰りの時間はパッと見て分かる!

公園内に植えてあるツツジは通路に沿って植えられている感じで、なんだか迷路みたいな、不思議な造りです。
植物に身を潜めて、かくれんぼの場所にもピッタリなのかも?

駐車場はないので近所以外のご家族はなかなか行きにくい公園だけど、ほかにはないような独特な雰囲気の『旭が丘公園』の紹介でした。

それにしてもキノコの公園がこんな身近にあるなんて弓ヶ浜出身の私にとっては大発見。知らないだけで意外に身近にあるんですね~。

“キノコの公園”、もしかしたらあなたの近くにも存在しているかも。

旭が丘公園

住 所:鳥取県米子市大篠津町 [MAP]
駐 車:なし
【トイレ】なし
【手洗場】あり
【自販機】なし

【公園であそ部って?】全力で“子ども”に戻る「公園の魅力“再発見”コラム」

公園といえば、子連れさんはもちろん、散歩をしたり、愛犬と一緒に散歩をしたり、天気の良い日は乾いた芝生の上で寝転がったり。言うまでもなく利用方法は人によって様々。最近では運動不足解消にウォーキングを楽しむ人も増えてきています。

このコラムは、米子・松江・出雲エリアを中心に、山陰の様々な公園に突撃し、童心に返った筆者が全力で公園の魅力を筆者視点で余すことなく(?)紹介していくコーナーです。

シェアする!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
編集部あつきち

タウン情報ラズダ編集部

編集部あつきち

タウン情報ラズダ編集部。鳥取県米子市、白ネギがおいしい町出身。

好きな食べ物は旬の野菜とくだもの、大豆製品。夏に見るツヤッツヤなナスと、冬のぶっくり太ったカブを見つけると、うれしくてテンションが上がります!

取材先で感動した場所は隠岐の島「摩天崖」、思い出の取材先は境港市「ポパイ」と大田市「Cafe Asbach」。
偶然が生む発見が大好物!ハプニングは好きな方です!

【あつきちの過去の記事一覧はこちら】

ラズダ公式Instagram

あつきちのInstagram