鹿野町の山あいに花いっぱいの公園『花巻公園』みっけ【公園であそ部】

編集部あつきち
編集部あつきち

峠を越える途中で見つけた、鳥取市鹿野町のお花モチーフの公園

こんにちは。山陰のタウン情報誌「ラズダ」の編集部あつきちです。

日頃からネタ探しに山陰内を移動していると、道中に思わぬ発見が多々あります。

今回紹介するのは、山を越える際に偶然見つけた公園。

『花巻公園』。「花」が入っていて可愛らしい公園ネーム。

鳥取市の鹿野町にある『道の駅 いなば気楽里』から、三朝町の三徳山へ移動する道中で見つけた公園です。

『花巻公園』の場所、駐車場

公園の住所は鳥取県鳥取市鹿野町河内2711。駐車場なし、トイレあり。

ツバキの木、カラフルな小屋、紅葉した山肌

鳥取鹿野倉吉線(県道21号)を走り続け、河内川に架かる橋を越えたところにある『花巻公園』。

公園があるのは鳥取市鹿野町の河内地区。なんで公園の名前が「花巻」なのか不思議だったけど、公園に入るとすぐ分かりました。

お花の模様だ!
こっちも・・・花っぽい!?

これは、ツバキの木っぽい。ツバキの見頃は12月~2月の冬場だから、これから花が咲くのかも。

これは藤棚かなぁ?↓

公園内にあった案内マップには「四季薫るまち」の文字。

鹿野城跡や城跡公園といった城下町の町並みに、「鹿野温泉」もある鹿野町は、観光のイメージも強いエリア。

だけど、案内マップを見ていたら、そばの花だったり、ツバキの花だったり、コスモスだったり。四季のお花も楽しめる町なんだな~と。

公園からの紅葉した山肌はフォトジェニック!

私が行った時は残念ながら花は咲いていませんでしたが、公園から見る山は紅葉している部分もあってキレイでした。

河内川をまたぐ橋の赤い色も、紅葉とマッチして絵になります!

公園すぐ近くにはクレヨンで描いたみたいなカラフルな小屋も。

山あいの自然風景の中でかなり目立ってた。

入口近くには「河内里山ベース」の名前。建物もこの木の看板も、きっと手作りされたもの。

中を覗いてみたら下駄箱があったり、机が並んでいたりイスがあったり、ゴミ箱が置いてあったり、生活感ある感じ。

地元の方たちの憩いのスペースになっているのかな~と想像。そしてその近くには、花咲く公園。

そんなことを考えていたら、始めは寂し気に見えていた公園も、地元民の賑わいを想像してしまうほどに公園のイメージがガラッと変わりました。

春になると桜も見られそう。

紅葉シーズン、ドライブがてら、当てもなく山あいを走ってみるのも気持ちいいですよー!

花巻公園

住 所:鳥取県鳥取市鹿野町河内2711 [MAP]
駐 車:なし
【トイレ】あり
【手洗場】あり
【自販機】周辺にあり

【公園であそ部って?】全力で“子ども”に戻る「公園の魅力“再発見”コラム」

公園といえば、子連れさんはもちろん、散歩をしたり、愛犬と一緒に散歩をしたり、天気の良い日は乾いた芝生の上で寝転がったり。言うまでもなく利用方法は人によって様々。最近では運動不足解消にウォーキングを楽しむ人も増えてきています。

このコラムは、米子・松江・出雲エリアを中心に、山陰の様々な公園に突撃し、童心に返った筆者が全力で公園の魅力を筆者視点で余すことなく(?)紹介していくコーナーです。

シェアする!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
編集部あつきち

タウン情報ラズダ編集部

編集部あつきち

タウン情報ラズダ編集部。鳥取県米子市、白ネギがおいしい町出身。

好きな食べ物は旬の野菜とくだもの、大豆製品。夏に見るツヤッツヤなナスと、冬のぶっくり太ったカブを見つけると、うれしくてテンションが上がります!

取材先で感動した場所は隠岐の島「摩天崖」、思い出の取材先は境港市「ポパイ」と大田市「Cafe Asbach」。
偶然が生む発見が大好物!ハプニングは好きな方です!

【あつきちの過去の記事一覧はこちら】

ラズダ公式Instagram

あつきちのInstagram