【新店】自家製野菜を使った洋食が美味。『食堂市場』米子市にオープン!

編集部みのりん
編集部みのりん

自家栽培の野菜がいっぱい!米子市に『食堂市場』がオープン

米子市にオープンした『食堂市場』。

自家製野菜や“おいしい”を、たくさんの方と共有したいと思い、開業されたお店。自家栽培の野菜をはじめ、素材にこだわった洋食などを提供しています。

今回は『食堂市場』で食べられる、オススメのメニューをご紹介。ひと味違った洋食を楽しみたい方にオススメです!

『食堂市場』の場所、駐車場

『食堂市場』の住所は、鳥取県米子市皆生新田1-6-23。国道431号線沿いで、『回転すし北海道皆生店』隣。

駐車場は6台完備。ランチ営業もしていますよ。

自家栽培の野菜をたっぷり使用した『食堂市場』のメニュー

『食堂市場』のメニューを紹介。まずはランチから。

オススメは、フランス発祥の豚肉のトマト煮込み『シャルキュティエール』(1600円)。

豚肉ロースの塊が、肉厚で食べ応え抜群!それでいてサッパリした口あたり。白バラ牛乳を使った、自家製じゃがいものマッシュも添えられています。

そのままでもおいしいけど、ソースが付いたマッシュもたまらなくおいしい。写真はライスですが、パンに変更も可能。

「煮込みハンバーグ」(1200円)は、試行錯誤を繰り返してできた、こだわりのひと品。

牛肉を多めに使い、つなぎ不使用で、肉肉しい食べ応えのあるハンバーグです。マッシュ付きで、こちらもパンかライスからどちらかを選べます。

「オムライス」(1000円)は、真ん中を割って食べるスタイルで、流れ出るとろふわ玉子がたまりません。ソースは王道のデミグラスソース。

旬の食材を使用した「気まぐれパスタ」(1000円)。店主の気まぐれで内容が変わるので、毎回楽しみ。

こちらの「スパイスカレー」(900円)は、スパイスから調合した『食堂市場』オリジナルカレー。親鶏の食感がクセになるひと品。

全てのランチメニューに、スープとサラダが付きます。100円追加で大盛りに。

ディナーでは、生ハムの盛り合わせ、ニンニクチキンステーキや、海老のアヒージョなど、お酒にピッタリの料理も。

アルコールは、ビールをはじめ、ワインなど、洋食に合うものも種類豊富にラインナップ。

落ち着く雰囲気の店内

植物や照明にこだわり、お酒もすすむ落ち着いた雰囲気の店内。子ども用のイスもあるので、子連れでも安心ですね。

クリスマスオードブルも

『食堂市場』では、クリスマスオードブルも用意。詳しくはインスタグラムをチェック。

誕生日などのデザートプレートも、前もって伝えれば、用意してもらえます。

要予約で、飲み放題付のコース料理も4人以上から可。料理の内容も相談できるので、自分好みの食事が楽しめますよ。

『食堂市場』の料理を食べたら、身体も心も元気になりそう!

食堂市場

ショクドウイチバ
電 話:070-9055-3021
住 所:鳥取県米子市皆生新田1-6-23 [MAP]
営 業:11:30~14:00(OS),18:00~21:00(OS)
休 み:日曜、第1・3月曜
駐 車:6台
情 報:Instagram