どんなおうち?米子市『エム・アール・ホーム』が建てる高性能でエコな住まい

編集部にっかんくん
編集部にっかんくん

山陰のリアルな家づくりが分かる!「鳥取・島根の家づくり2023-2024」

みなさんこんにちは、鳥取・島根のタウン情報誌「ラズダ」編集部です。

ラズダ編集部が作った住まいの本「鳥取・島根の家づくり2023-2024」が山陰の各書店にて発売中です♪

本誌は、家族で夫婦で、楽しい家づくりをスタートしてもらうためのとっておきの一冊。

山陰の環境を知り尽くした地元企業ならではの建築実例を多数紹介しているほか、マイホーム計画のロードマップ、気になるお家マネーガイドなど、家づくりにかかわる情報も盛り込んでいます。

今回は「鳥取・島根の家づくり2023-2024」の中から、編集部が特に気になったおうちをピックアップ!ぜひおうち作りの参考にしてみてくださいね♪

どんなおうち?米子市『エム・アール・ホーム』の新築実例

今回ご紹介するのは、こちらのお宅↓↓

米子市・K 邸[ 大人4 人・子ども2人 ]

価格帯:3,000~3,500万円
工法:木造軸組工法
建物本体:延床面積約45坪

リビングよりも広いダイニング 見た目はLDKのDK的間取り

知識と経験に基づく、超こだわりの家づくりで知られる『エムアールホーム』。閑静な住宅街にたつK邸は、そんな同社の持ち味と、施主ご夫妻の持つ住まいの価値観を賢く融合させた住宅です。

「”大きな丸テーブルを中心に家族が集うLDK“が家づくりのテーマ」というK邸の造りは、食卓(丸テーブル)空間がメインの、LDKというよりDK的な間取り。同居するご両親はもちろん、兄弟姉妹や友人知人などが集う機会の多いこの家では、「たくさんの人数が無理なく集うには、ソファを置いたリビングよりもテーブルで囲めるダイニング。ここは皆で食事をしたり、思い思いにくつろいだりするために必要な場所なんです」とご主人は語ります。

とはいえ、客間やお子さんの遊び場としても活躍するモダンデザインの和室を加えると、コンテンポラリーなL字型のLDK的でもある設計になっています。

ここに注目!家づくりのヒント

南面の吹き抜け空間は、自然光をたっぷり取り込める大きな高窓を配した、明るく開放的な造り。夏は2階エアコンの冷気を1階に、冬は1階エアコンの暖気を2階に供給する役割を果たし、この構造によってエアコン1台で家全体を年中快適にします。

快適性を保証するのは、特殊な断熱材を二重に内包した分厚い壁、三重構造サッシや換気システムなど、厳選素材による徹底した気密断熱へのアプローチと、それを支える地震に強い最新の構造体。快適かつエコな技術で守られています。

施主さんが『エム・アール・ホーム』を選んだワケ

「社長さんがこだわりの強い方なんですが、ご自身の考えを主張することはまったくなくて、さまざまな選択肢を提示しつつ、私たちのペースに合わせて付き合ってくださったことが嬉しかったです。おかげでじっくりと時間をかけることができたし、その過程そのものがすごく楽しかったですね」

これから家を建てる人へ

「長く住む家を建てたいなら、デザインや気密断熱にこだわることも大切ですが、それだけでは意味がありません。その前に、「耐震・強い家(地震対策)」をぜひ考えていただきたいと思っています」

株式会社 エム・アール・ホーム

カブシキガイシャ エム・アール・ホーム
TEL:0859-21-7510
住 所:鳥取県米子市淀江町西原1142-2(本社所在地) [MAP]
営 業:9:00~18:00
定 休:水曜
情 報:HP

【建設業許可番号】
 鳥取県知事(般-3)第6789 号
【建築設計事務所登録番号】
 MRデザイン設計事務所
 鳥取県知事登録 第03-2386 号

sponsored by 株式会社 エム・アール・ホーム

※掲載の情報は、記事公開時点の内容です。
状況の変化、情報の変更などの場合がございますので、最新の情報は店舗・施設のHPやSNSを確認するか、直接お問い合わせください。

★あなたからの情報提供お待ちしてます!

シェアする!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
編集部にっかんくん

タウン情報Lazuda アシスタントチーム

編集部にっかんくん

山陰のタウン情報誌「Lazuda」編集部に所属(?)。新しいコト、ウワサに目がないミーハー。当サイトのマスコットキャラクターも務める。