どんなおうち?米子市『美保テクノス』が建てるインダストリアルな住まい

編集部にっかんくん
編集部にっかんくん

山陰のリアルな家づくりが分かる!「鳥取・島根の家づくり2023-2024」

みなさんこんにちは、鳥取・島根のタウン情報誌「ラズダ」編集部です。

ラズダ編集部が作った住まいの本「鳥取・島根の家づくり2023-2024」が山陰の各書店にて発売中です♪

本誌は、家族で夫婦で、楽しい家づくりをスタートしてもらうためのとっておきの一冊。

山陰の環境を知り尽くした地元企業ならではの建築実例を多数紹介しているほか、マイホーム計画のロードマップ、気になるお家マネーガイドなど、家づくりにかかわる情報も盛り込んでいます。

今回は「鳥取・島根の家づくり2023-2024」の中から、編集部が特に気になったおうちをピックアップ!ぜひおうち作りの参考にしてみてくださいね♪

どんなおうち?米子市『美保テクノス』の新築実例

今回ご紹介するのは、こちらのお宅↓↓

米子市・H邸[ 大人2人・子ども2人 ]

価格帯:2000~2500万円
工法:木造軸組みテクノストラクチャー工法
建物本体:延床面積約29.56坪

インダストリアルデザインに偏らない独自の空間づくり

総合建設会社『美保テクノス』が手がけたこちらの家は、施主ご夫妻が新居に求めるスタイリッシュなイメージ(デザイン)と、暮らしを快適にするための現実的なアイデア(間取り)をバランスよくミックスした住宅です。

ご夫妻が大好きなダークカラーを中心にコーディネートしたというデザインソースの基本形が”インダストリアル“。

例えば、外壁では足場材の荒削りな質感を再現したり、室内では対面キッチンの立ち上がりなどにスクラッチ柄の入ったモルタル塗壁風を選んだりと、ラフな質感を大胆に導入。それでいて全体的には清潔感のある空間に仕上がっているのも、コラボ要素の強いH邸ならでは。

ここに注目!家づくりのヒント

荒い木目やコンクリート調など、暗い色調の壁と合わせることの多いインダストリアル調に対して、天井や壁などのアッパー部分にホワイトを採用。飾り付けが好きな奥様の嗜好を尊重したことが理由で、結果的にラフ&クリーンな空間の個性に繋がっています。

親子のコミュニケーションに必須と奥様が選んだリビング階段も、ご主人の望んだ吹き抜け要素も叶えるべく、階段空間の窓を多く設置して開放的な吹き抜け感を演出。ご夫妻の要望をミックスしたこの設計も、空間アクセントとしてだけでなく、LDK全体を明るくする役割を担うなど、想定の何倍もの効果を生み出しています。

施主さんが『美保テクノス』を選んだワケ

「家づくりの入門的なことも、ましてや専門的なことも分からないことばかりだったので、担当者さんにはずっと助けられっぱなしでした。それに何よりも「一緒につくっていきましょう!」って気持ちがビンビン伝わってくる人柄のおかげで、今でも良好な関係が続いています」

これから家を建てる人へ

「美保テクノスでは設計士が直接打ち合わせに参加し、3D モデルを駆使して理想の家づくりの実現をお手伝いします。注文住宅の特性を生かしてお客様のライフスタイルに合った、要望と機能美を両立させた住宅をご提案します。住宅チーム一丸となってお客様の夢に向き合います。まずはお気軽にご相談ください」

美保テクノス 株式会社

ミホテクノス カブシキガイシャ
TEL:0859-33-0028
住 所:鳥取県米子市昭和町25 [MAP]
営 業:8:30~17:30
定 休:日曜、祝日
情 報:HP

【建設業許可番号】
 国土交通大臣許可(特-3)第786 号
【建築設計事務所登録番号】
 一級建築士事務所第30-302 号
【宅地建物取引業免許番号】
 鳥取県知事(8)第897 号

sponsored by 美保テクノス 株式会社

※掲載の情報は、記事公開時点の内容です。
状況の変化、情報の変更などの場合がございますので、最新の情報は店舗・施設のHPやSNSを確認するか、直接お問い合わせください。

★あなたからの情報提供お待ちしてます!

シェアする!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
編集部にっかんくん

タウン情報Lazuda アシスタントチーム

編集部にっかんくん

山陰のタウン情報誌「Lazuda」編集部に所属(?)。新しいコト、ウワサに目がないミーハー。当サイトのマスコットキャラクターも務める。