[たかのり]米子の人気うどん屋の隠れた逸品「玉子丼」は濃い目の出汁が決め手

編集部べーやん
編集部べーやん

地元民から愛される米子市のうどん屋『たかのり』の名物丼を

米子市の博労町にある老舗うどん屋『たかのり』。昭和の香りが漂う昔ながらの店構えが落ち着く老舗です。

JR博労町駅からすぐの場所にあり、1000円以下でお腹いっぱいなれるコスパの良さとも相まって、昔から地元民を中心に愛されています。

場所はここ↓↓

『たかのり』の店内の様子

店内はこぢんまりとしていて、昔ながらの大衆食堂といった雰囲気。ほんと、落ち着きます……。

テーブル席のほかにもカウンターもあります。

出汁のいい香りや、調理風景を眺められるライブ感も楽しめますし、何よりカウンターがあると、ひとりでもふらっと利用できますよね~。

『たかのり』のおすすめは秘伝の出汁を使った「玉子丼」

手打ちうどん・そばのお店なので、もちろん麺類もおいしいんですが、編集部としては、長年の継ぎ足しという出汁を使った丼もオススメ。

特にフワとろ食感の「玉子丼」がイチオシです!

「玉子丼」(550円)

創業約40年のうどん屋の知る人ぞ知る名物がこちらの一杯。

味の決め手は、ざるうどんに使用する濃い目の和出汁。フワッととろける玉子の甘さのあとに、ダシの奥深いうま味が口の中に広がります。容器代別途50円でテイクアウトも可能ですよ。

カウンターの頭上には短冊メニューがずら~り。どれも600~700円前後とお手軽感も満載です。

メニュー数もたくさんあるので、お気に入りを探してみてくださいね!

たかのり

タカノリ
電 話:0859-22-7936
住 所:鳥取県米子市博労町1-55 [MAP]
営 業:11:00~15:00
休 み:日曜
駐 車:4台

2019年6月12日公開/2021年4月8日更新

シェアする!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
編集部べーやん

タウン情報ラズダ編集部

編集部べーやん

山陰のタウン情報誌「ラズダ(Lazuda)」の編集長。出雲市佐田町出身。
入社以来、ラズダを作り続ける編集スタッフ。新しいラーメン屋には行かなきゃ気が済まないィィ性格(だそう)。
超ローカルYouTubeチャンネル「Lazuda TV」の立ち上げから、企画・編集・出演を務めています!

YouTubeチャンネル【Lazuda TV】

べーやんのTwitter

会社のべーやんブログ

グルメ蕎麦(そば)ランチテイクアウト・持ち帰り和食