スタッフおすすめ記事

11月19日にグランドオープンする雲南市の温泉宿『清嵐荘』にひと足早く行ってきました! 気になるお風呂・お部屋情報もチェックして

新店自然レジャー子連れ温泉絶景観光

いしやん
タウン情報Lazuda編集部
いしやん

出雲国風土記に“薬湯”と記された由緒正しい名湯が流れ入る温泉宿

雲南市の吉田町にある国民宿舎『清嵐荘』。昨年8月からリニューアル工事を行っており、いよいよ今月19日にグランドオープンを迎えます!

そして今回、内覧会のお誘いを受け、現地に行ってきました。気になるお風呂、お部屋の情報に加え、料金などもお伝えします!

まずは【客室】を覗いてきました!

宿泊棟には全24部屋が備えられ、洋室6部屋、和室6部屋、さらに和洋室も12部屋あります。

各部屋とも、大きく採られた窓から柔らかな陽光が降り注ぐ、くつろぎの空間に。スッキリとシンプルにまとめられているので、年齢・性別問わずリラックスできそうです。

部屋の大きさも様々あるので、夫婦水入らずの旅行に、家族やグループでのワイワイ楽しい思い出作りに、いろいろなシーンで利用できます。

ベッドが2台置かれた和洋室。奥が洋室になっていて、クッション性豊かなチェアが置かれ、まるでサンルームのような心地よさが味わえます。
和洋室に備えられたお風呂。客室はお風呂あり・なし両方あり、利用シーンに合わせて選べます。また、料金も風呂あり・なしで異なるので参考にしてください。
10畳の和室。壁紙を含め、明るいトーンでまとめられた清潔感あふれるスペース。外国の方も喜んで使ってもらえそうですね。
和室のふすまをよ~く見ると、細かな装飾も。和の風情をあしらった仕掛けもステキです!

お待ちかねの【お風呂】! 家族で使える貸切風呂も必見です

家族風呂は2種あり、造りもやや異なります。うれしいのは日帰り利用も可能な点。通常の日帰り入浴料金に加えて、1時間当たり550円で利用することができます。また、タオル200円、バスタオル(レンタル200円)も用意されているので、手ぶら利用もOK!

お待ちかねのお風呂がこちら。露天風呂は急ピッチで工事が進められていたので、内湯だけですが、洗い場のスペースは広々。露天風呂には何やら岩造りの湯船とカメ形のお風呂がありました。

そもそも『清嵐荘』がある「出雲湯村温泉」は、出雲國風土記に「漆仁(しつに)の川辺に薬湯あり」と記され、さらに「一たび湯浴みすればすなわち身体和らぎ、再びすすげばすなわち万病消える」とも残されており、古くから効能が高い温泉として有名。無色透明のアルカリ性単純温泉は、肌馴染みもよく、湯上がりには肌がツルツルになるとも評判です。

脱衣所には鏡台も3面設置。ドライヤーは無料で利用できます。
脱衣所のロッカーは安心のカギ付き。容量もたっぷりなので、子どもの分を含めて入れておけそうです。
ロッカーとは別に簡易セキュリティーボックスもありました。ケータイや財布など、貴重品を入れておくのに便利ですね。

そのほかの注目ポイントや施設をまるっとご紹介

館内には多目的室や小会議室、さらに広間も完備。合宿先、会合など幅広いシーンで活用できます。
今回のリニューアルの特長のひとつがこの斐伊川和紙をはじめ、地元の伝統工芸・歴史をモチーフにした装飾です。斐伊川和紙は江戸時代から続く伝統の技法を守り、丈夫で美しい和紙をすき続けています。ロビーに飾られた写真の作品は、最盛期には400軒近い工房があったといわれる雲南市で現在、唯一の紙すき工房となっている工房によるもの。
受付カウンターにあしらわれた飾り照明ボックス。飛鳥時代から続く「組子細工」と呼ばれる技法を用いたもので、雲南市の花である桜をモチーフに、縁起がいい桜亀甲を現した作風に。
案内板などの館内サインは、かつて雲南市周辺で行われていた「たたら製鉄」をイメージした質感で統一されています。

国民宿舎 清嵐荘

セイランソウ

電 話:0854-75-0031

住 所:島根県雲南市吉田町川手161-4

時 間:【宿泊】チェックイン16:00、チェックアウト10:00【日帰り入浴】11:30~20:00(最終受付19:30)

料 金:【宿泊】1泊2食付9900円~(2名1室利用時1名あたり)【日帰り入浴】大人550円、小学生270円、未就学児160円、4歳未満無料

駐 車:あり

情 報:HP

 

いしやん

タウン情報Lazuda編集部

いしやん

山陰のタウン情報誌「Lazuda」編集部スタッフ。島根県松江市出身→浜田市→大阪→奈良→松江市在住。日刊Lazudaの編集デスク。喫茶店の冷えたおしぼりと、帽子が大好物な三十路。日刊Lazudaでは主にグルメ、ショップ、キッズ関係の記事を担当する。2児のシングルファーザー。

twitter:https://twitter.com/Lazuda_com

facebook:https://www.facebook.com/tj.lazuda/

人気の記事

人気の記事