スタッフおすすめ記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

感動をシェアしたくなる!国産小麦と100%無添加を貫くパン屋『紬麦』

おしゃれ古民家グルメカジュアル子連れパン観光お土産インタビューテイクアウト

編集部べーやん
編集部べーやん

出会いの輪で創造した特別な場所、古民家が紡ぐベーカリー

「母お手製のケーキやパンが私のモノ作りの原点なんです」と話す峠土(たおつち)純子さんは、江の川沿いに広がる山間の集落でベーカリー『紬麦』を切り盛りする店主兼パン職人。

築100年を数える大きな民家をリノベーションした店は、同じ場所でカフェ『蔵庭』を営む戸田夫妻とのコラボレートで実現したもの。

2組の出会いは、偶然によるものとか。「たまたまカフェをやろうと考えておられた戸田夫妻と知り合い、一緒に店を造ることから始めよう、という話に発展していきました」。

“空き家を自分たちの手でリノベーションしてカフェ&ベーカリーを開く”。

2組の行動に共感した人々によってネットワークがグングンと広がり、最終的には延べ150人のボランティアが参加した一大プロジェクトへ!

『蔵庭』と『紬麦』の関係を「ここが住まいでもある戸田夫妻のカフェがメインで、私はテナントっていうのが正しいかな?『蔵庭』はうちにとってのイートインスペースというか……」と笑う峠土さん。

国産小麦はもちろん、100%無添加を貫くブーランジェとしてのこだわりと、選ぶ楽しさを提供したくて、ハードからベーグル、ミルクロールと幅広く揃える経営者としてのサービス精神が同居したパン作り。

それだけに、厨房からちょっと覗くだけで、自分が作ったパンでカフェを楽しむ人々の顔が眺められる、峠土さんはそんな『蔵庭』との気の置けない間柄を大切に思っているようでした。

無添加のパン作りは「シンプルだけど奥深い。だから生地がおいしいといわれるのがすごくうれしい」と峠土さん。

働く人々の和気あいあいとした雰囲気が、ここで過ごす時間をさらにゆるやかに感じさせてくれます。

大きな庭を抜けて店の中へ。敷石のアプローチが複雑かつ長すぎるため、駐車場に止めてから道に迷う人も。

紬麦

ツムギ

電 話:090-4146-5233

住 所:島根県江津市松川町下河戸1-1

営 業:10:00~18:00*売り切れ次第終了

休 み:火・水曜、第1・3月曜

駐 車:15台

情 報:FB Instagram

編集部べーやん

タウン情報Lazuda

編集部べーやん

山陰のタウン情報誌「Lazuda」編集部、編集長。出雲市佐田町出身。入社以来、ラズダを作り続ける編集スタッフ。新しいラーメン屋には行かなきゃ気が済まないィィ性格(だそう)。日刊Lazudaでは超ローカルショートTV「Lazuda TV」の企画・編集・出演を務めています!

【HP】:https://www.youtube.com/channel/UCzuNKnW7hG9vnmy8mdbNheg