スタッフおすすめ記事

[松江で“ちゃのゆ”]老舗和菓子店で“一番古株”の銘菓って?@桂月堂

スイーツ残したいモノ観光お土産テイクアウト茶の湯和菓子

編集部あつきち
編集部あつきち

創業210年余りの歴史ある松江の老舗和菓子店へ

学問の神様として有名な菅原道真公をご祭神として祀る『白潟天満宮』。そこから徒歩1分ほどの場所にあるのが『桂月堂』です。

現在は11代目が切り盛りする歴史ある和菓子店で1809年創業、今年で211年目を迎えます。

もともと「飴屋」としてその歴史をスタートさせ、店舗も別の場所に構えていましたが、大正5年に今の場所に移転。飴屋から発展して、芸術的な上生菓子から季節の和菓子など、現在は様々な和菓子を展開しているんですよ。

『桂月堂』のレギュラーメンバーがコチラ!

“桂月堂といえば”の定番和菓子を紹介します。地元の人なら駅やショッピングモール内の店舗で、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?

中でも、丁寧に炊いた大納言小豆の中に錦玉を流し込み固めた「薄小倉」は小豆と蜜の上品な甘さが評判の銘菓。

その下にあるのは「出雲三昧」といって上に落雁、真ん中に大納言の粒入り羊羹、下に求肥と可愛らしく三段重ねに仕上げた和菓子。

ほかにも、出西生姜を使った錦玉に北海道の白小豆を浮かべた「神話の月」、甘酸っぱい梅の爽やかな風味が若い人にも人気の「かこい梅」などいろいろ。

「薄小倉」「出雲三昧」よりも歴史ある銘菓「菅公子」

「薄小倉」や「出雲三昧」よりも古くからある和菓子があるよ、と紹介していただきました。それがこちらの「菅公子」。

大正5年に今の場所に本店を移した後に誕生した銘菓で、その名前は『白潟天満宮』に祀られている菅原道真公に由来しています。

梅肉を加えた紅羊羹を一文字焼きの生地で巻き上げおり、羊羹のほのかな酸味と甘さが絶妙なひと品。

抹茶と合わせたい上生菓子。なめらかな舌ざわりで、抹茶の渋みと上生菓子の甘さがよく合います♪

カリッとした表面の歯ざわりと小豆の甘さがクセになってしまう『桂月堂』を代表する銘菓。コーヒーとのペアリングも◎!

和菓子を試食できるスペースもあります。取材中も観光の団体客2組が来られ、松江に由来する銘菓などを楽しんでいらっしゃいました~(^^)

桂月堂

電 話:0852-21-2622

住 所:島根県松江市天神町97

営 業:9:00~18:00

休 み:元日

駐 車:6台

情 報:HP

お店の詳細は【松江CHAnoYUめぐり】をチェック!

編集部あつきち

タウン情報Lazuda アシスタントチーム

編集部あつきち

日刊Lazuda(ラズダ)のアシスタントチームに所属。鳥取県出身の元栄養士でありながらもっぱら食べる専門。食べること、週末のビールをモチベーションに日々の業務に取り組んでいる(らしい)。好きな食べ物は大豆製品。最近のブームは焼肉。

【HP】:https://www.instagram.com/tj_lazuda/