スタッフおすすめ記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[松江で“ちゃのゆ”]茶人由来の抹茶カクテルに酔いしれる@ハートランド

グルメイベント観光茶の湯宴会バー音楽

編集部あつきち
編集部あつきち

70~80年代音楽を聴きながら洋酒が楽しめるバー

昭和63年創業、今年で32周年を迎える『ミュージックバー・ハートランド』。

70~80年代の音楽と洋酒を楽しめるバーで、松江の飲み屋街・東本町の一角にあります。

ハートランドとデザインされた青い看板を見つけたらお店はそこです!

“モーリス持てばスーパースターも夢じゃない”の看板が気になりつつお店の中へ……。扉は音が漏れないようにか、厚く頑丈な造りになっています。

店内に入ってすぐ目についたのは店の奥に置かれた4本のアコースティックギター。ここでお客さんたちはお酒を交わしながら、ギターを手に取り自由に弾いて歌ったり、マスターの伴奏で歌いお酒と音楽を楽しむようです。

店名は、マスターが高校2年生の時にデビューをした佐野元春のバックバンド「ハートランド」が由来。何を隠そうマスターは、佐野元春さんの大ファン!

70~80年代頃のニューミュージックやフォーク、歌謡曲などのシャッフルしたものが流れる店内、聞いたことがある曲があったり、わからなかったり……。過去には「H₂O」などの有名ミュージシャンのほか、「孤独のグルメ」作者の久住昌之さんも足を運ばれたこともあるとか(゚O゚)

月に1回「アコギフリーライブ」というイベントも開催しています。好きな音楽のコピーやオリジナル曲を披露できる楽しい場になっています。(詳細はHPFacebookをチェック!)

棚には様々なミュージシャンの楽譜。マスターの好みや学生の頃の流行りの音楽を覗いているようでワクワク。
店名の由来にもなった佐野元春さんをリスペクトして作ったオリジナルカクテルも注目!

不昧公由来の抹茶のカクテルをオーダー

「抹茶モヒート」、「HaruのSato」どちらも880円。

「抹茶モヒート」は、抹茶リキュールとラム酒に、フレッシュミントの葉を潰して香りを出し、フレッシュライムとソーダを満たした爽やかなカクテル。

「HaruのSato」は、不昧公が命名した『中村茶舗』の「中之白」という抹茶を使い、抹茶と栗のリキュールと生クリームを加えて作ったオリジナルカクテル。カクテルの名前は「松平治郷(はるさと)」から。

甘いカクテルか、さっぱりと味わうカクテル、どちらを選びますか??

ミュージックバー・ハートランドの誕生秘(?)話

ハートランドは一度移転をしており、開業当初はミュージックバーではなく普通のオーセンティックバーだったそうです。そこからなぜミュージックバーに?

そもそものきっかけは、「店に1本ギターを置いたら誰かが歌い始めるのではないか」と思い立ち、ものは試しと移転する前に「仮・フォーク酒場」として「ギターが弾ける人はいつでもどうぞ」というスタイルでお試し期間を設けて営業したそう。そうすると、ギターを手に取り歌いだすお客さんが少しずつ増え始め、現在の形へ!

「音楽を聴くだけではなく、参加型の時代になった」とマスター。

70年代、社会現象でもあったフォークブーム時代、ギターをかき鳴らした人も多く、流行った音楽は、ラジオを録音したカセットテープやレコードを貸しあったり、バンドを組んで演奏したりして共有をしたそうです。カラオケに10人で行けば、全員が同じ曲を歌えたのだとか!すごいですよね!

そのことからお店にギターが置いてあると、お客さんも歌わずにはいられなかったのではないでしょうか。そしてお店を移転し、『ミュージックバー・ハートランド』の名が定着しました。

先輩や上司、お父さんやお母さんを誘って行ってみても喜ばれるかもしれません。

その際には、松江の茶人・松平不昧公由来の抹茶カクテルをぜひ味わってみてくださいね。

ミュージックバー・ハートランド

電 話:0852-31-2422

住 所:島根県松江市東本町3-51

営 業:19:00~翌2:00

休 み:年末年始、連休最終日

駐 車:なし

情 報:HP FB

お店の詳細は【松江CHAnoYUめぐり】をチェック!

編集部あつきち

タウン情報Lazuda

編集部あつきち

日刊Lazuda(ラズダ)のアシスタントチームに所属。鳥取県出身の元栄養士でありながらもっぱら食べる専門。食べること、週末のビールをモチベーションに日々の業務に取り組んでいる(らしい)。好きな食べ物は大豆製品。最近のブームは焼肉。

【HP】:https://www.instagram.com/tj_lazuda/