お家で運動不足解消!30秒でできる姿勢を整える腕ストレッチ【からだハニカムコラムvol.18】

スプリット前谷さん
スプリット前谷さん

姿勢を整える腕ストレッチ3選!

仕事終わりはもちろん筋トレなど、体の負担になることをした後は、体を調整してあげる必要があります。

仕事や筋トレで筋肉を使った後、ストレッチやマッサージをして筋肉を整えることをしていますか?

使うだけでは質の良い筋肉はつきませんし、疲労が溜まれば体の痛みや不調になってしまうんです。

今回は、前回お伝えした<腕立てドリル>を参考に、腕まわりのストレッチをお伝えします。

 

1.大胸筋のストレッチ

壁や扉などを使います。壁に向かって正面に立ち、肘を伸ばして手をつきます。そのまま手は動かさず、体を開くようにして胸の前にある大胸筋をストレッチしましょう。

2.三頭筋ストレッチ

立った姿勢で片腕を上げ、肘を曲げます。反対の手で肘をつかみ、頭の後ろの方に軽く引っ張って寄せましょう。二の腕の筋肉である三頭筋がストレッチされます。

【お家で簡単トレーニング記事】お家で簡単腕の引き締めトレーニング「腕立てドリル」編【からだハニカムコラムvol.17】

3.脇腹ストレッチ

立った姿勢で片腕を上げ、反対の手で手首を持ちます。そのまま体を横に倒し、体側をストレッチしましょう。この時、体の向きを少し前にすると脇腹の背中側がよりストレッチされ、少し後ろにすると脇腹のお腹側がストレッチされます。体の真横だけでなく、その前後も伸ばされることでより姿勢も整い体もほぐれてきます。

各ストレッチ、30秒するとしっかり筋肉が伸びてきます。忙しい方は、ポーズをとって3呼吸するようにしましょう。バスを待っている時や仕事の合間に簡単にできますよ~!

腕まわりの筋肉は呼吸を助ける呼吸補助筋と言われており、呼吸をすることで収縮を入れストレッチすることができます。胸の前の筋肉が固いと「巻き肩」になりやすく、「猫背」に見えるので猫背が気になる方にもオススメのストレッチです。

【過去のボディメイクコラム】スプリット前谷さんの記事一覧

スプリットのYouTubeチャンネルでストレッチやトレーニングを紹介しています!
ぜひご覧ください。チャンネル登録もお願いします。

シェアする!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
スプリット前谷さん

Sprittr スポーツトレーナー/理学療法士

スプリット前谷さん

鳥取県南部町にあるBody make studio Sprittr(ボディメイクスタジオ スプリット)代表。怪我や病気の予防的なからだ作りを発信・提案中。理学療法士資格を持ったフリーランストレーナー。

【HP】:https://www.sprittr.com/

twitter:https://twitter.com/sprittr7

スポーツ地元ライター連載コラム筋トレ・運動ストレッチ・エクササイズトレーニング・ボディメイク