コールドスリープでめちゃ旨!『パンドラの箱』の「生どら」でおやつタイム

編集部べーやん
編集部べーやん

しっとり“フワフワ”がたまらない洋風どら焼きの裏ワザ!

鳥取県鳥取市と米子市にお店がある『パンドラの箱』は、定番のイチゴのショートケーキから季節の果物を使ったいろいろなケーキが豊富に揃うスイーツショップ。

焼き菓子も人気で、中でも「生どら」は地元で愛され続けてきた逸品です。

そしてこの「生どら」、もちろんそのままでも美味ですが、冷凍させて食べると小倉アイス風や煎茶アイス風といった、アイス感覚でも楽しめるんです!

冷凍→冷蔵庫で冷やす→時間をかけて→冷蔵庫で寝かせる……

そうこれが、コールドスリープで楽しむどら焼き!(超強引……連想ゲームにつき合わせてすみません……)

ハチミツやフレッシュな卵をたっぷり使った生地は、しっとりとした口あたりが絶品。通常、クリームと小豆あんがなめらかに溶けあう「生どら」と有機栽培茶葉を使った「煎茶生どら」の2種類を販売しています。

急に気温が上がってきて、ちょっと初夏めいた日なら、凍らせた「生どら」でクールダウンおやつタイムはいかがでしょう?

また、今なら春らしく桜あんと求肥の入った「桜生どら」も登場し、季節に合わせた生どらも楽しめそうです。詳しくはお店のFacebookをチェックしてみて!

【オススメのあんこ記事】

鳥取のソウルフード!『お菓子の壽城』の名物「とち餅」をお取り寄せ

山陰発の絶品取り寄せ!餅と和菓子の専門店『いけがみ』の生クリーム大福

「生どら」(194円)。
「煎茶生どら」(205円)。

パンドラの箱 米子店

パンドラノハコヨナゴテン

電 話:0859-31-1120

住 所:鳥取県米子市東福原6-8-3

営 業:10:00~19:00

休 み:第3水曜

駐 車:25台

情 報:HP FB Instagram

シェアする!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
編集部べーやん

タウン情報ラズダ編集部

編集部べーやん

山陰のタウン情報誌「ラズダ(Lazuda)」の編集長。出雲市佐田町出身。
入社以来、ラズダを作り続ける編集スタッフ。新しいラーメン屋には行かなきゃ気が済まないィィ性格(だそう)。
超ローカルYouTubeチャンネル「Lazuda TV」の立ち上げから、企画・編集・出演を務めています!

【べーやんの過去記事一覧はこちら】

YouTubeチャンネル【Lazuda TV】

べーやんのTwitter

会社のべーやんブログ