全国唯一の「泊まれる博物館」!?『奥出雲多根自然博物館』で恐竜ナイトミュージアムを体験してきた!

編集部いしやん
編集部いしやん

奥出雲町の山あいに現れる島根観光の穴場スポット『奥出雲多根自然博物館』へ!

島根県奥出雲町といえば、島根が誇る米処。豊かな田園風景が広がるその場所に、突如として現れるお城みたいな建物……。
それこそが今回紹介する人気レジャースポット『奥出雲多根自然博物館』です。

エントランスで待ち構えるのは、ヨロイ竜エウオプロケファルスをモチーフにした同館のマスコット。

『奥出雲多根自然博物館』は、40億年もの生命の歴史を様々な展示・体験を通して、遊びながら学べる博物館。
そして、全国に数ある博物館のうち、博物館法で規定された登録博物館としては、国内唯一の「泊まれる博物館」なんですよ~。

さらに宿泊者限定で体験できる「ナイトミュージアム」も評判とか!

早速、気になる博物館の中身を紹介します。

いきなりド迫力の恐竜たちがお待ちかね!

入口すぐの場所で、いきなり恐竜とご対面!
こちらはジュラ紀最大級の肉食恐竜であるアロサウルスの全身骨格標本です。

鋭利な爪、大きな歯が特長で、絶好のフォトスポットになっています。あまりの迫力に、恐竜好きな子どもでさえ、たじろぐこともあるとか(笑)。

館内は基本的に写真撮影OKなのもうれしいポイント。

1階では恐竜を中心に、太古の生き物を紹介。

中でも同館のマスコットのモチーフになったヨロイ竜エウオプロケファルスの存在感は絶大!
頑丈な頭とハンマーみたいなしっぽが特徴的です。

こちらはジュラ紀の大型草食恐竜として知られるアパトサウルスの上腕骨の化石。
全長20mを超える本物の恐竜の化石を間近で見られます。

骨格標本の展示のほかに、パネル展示などで分かりやすく太古の歴史を紹介しています。

写真の「バーチャル古代探検」のソフトを使えば、各時代の地球の様子を覗き見ることも。
かつての地球の中を走り回る恐竜やマンモス、水中を泳ぐアンモナイトといった迫力のある映像がスクリーンに映し出されます。

マウスを使って視点が変えられます。ゲーム感覚で操作できるため、特に子どもたちに好評とか!

キラキラ光る鉱物の展示もお見逃しなく~

1階の展示室奥には、鉱物や岩石の展示室が広がっています。

光の当たる角度によって輝き方が変わる結晶もあって、不思議な魅力のトリコになってしまいそうです!

ここは深海!? 35憶年におよぶ海の生命のヒストリーをひも解く

階段を上がった先、2階は「La Mer 海の生物が辿った道」がテーマ。
それまでの雰囲気とはガラッと変わって、ディープな海を連想させるフロアに。

流線形と六角形のショーケースには、色とりどりの貝が展示されています。

さらに奥に進むと、海外で産出された魚類の化石や現生種も数多く展示されています。

その中でもひと際存在感を放っているのが写真のアンモナイトの化石。
直径はなんと65cmもあり世界最大級の大きさを誇ります。

長い時間をかけて宝石化したアンモナイトは、見ているだけでもうっとり……。

歓声があがりそうな「恐竜ルーム」がこちら!

3~5階は宿泊用の客室フロアになっています。全19部屋あり、3階は恐竜フロアに。

趣向を凝らした「恐竜ルーム」は子どもたちからも大人気で、特に恐竜フィギュアやパネルが配された2段ベッド4人部屋の恐竜ルームが特に好評とか。

なんだか秘密基地みたいな雰囲気で、子どもたちのテンションが上がるのも納得です。

天井は蓄光式のクロスが貼られていて、そこには月や星が描かれています。消灯すると、まるで星空の下で寝ているような気分を味わえるんだとか!

遊び心たっぷりのお部屋のほかに、さらっと恐竜をあしらったシンプルお部屋もあります。

部屋ごとにコンセプトが異なるのもポイント。リピーターになって何回も泊まりたくなっちゃいそう。

そのほか、4・5階にはスタンダードなシングルとツイン、そしてトリプルルームも用意されています。

食事は絶景レストランにて! 恐竜をあしらったキッズメニューも

宿泊時の食事は、最上階にある展望レストランにて。奥出雲の山の幸をふんだんに用いた美食がお待ちかねです。

奥出雲町の牧歌的な田園風景を眺めながらの食事は格別。

店内には薪ストーブも置かれていて、冬は柔らかな炎の温かさがアットホームな雰囲気を演出してくれます。

夕食には奥出雲町の特産であるキノコがたっぷり入ったキノコ鍋が3種類も味わえます。
特にほど良くサシが入ったご当地牛「しまね和牛」を使ったキノコ鍋「八重垣御膳」が絶品。

とろけるような肉の舌ざわり、風味豊かなキノコを堪能できるセットです。

子どもには、恐竜の形をした玉子焼きやハンバーグなどがセットになった「恐竜プレート」を。
お皿や茶わんまで恐竜尽くしなイチオシメニューです。

宿泊者限定のお楽しみ「ナイトミュージアム」も必見!

地域密着の博物館のひとつだった『奥出雲多根自然博物館』が注目を集める要因になったのは、2010年からスタートした宿泊者限定の「ナイトミュージアム」です。

宿泊者は入館無料で観覧できるうえ、19~21時の間はライトアップされた空間で、昼間とは雰囲気が異なる恐竜の化石などを見学できます!

薄暗い照明、映像と音の演出によって、ドキドキワクワクの体験が楽しめますよ~。

博物館オリジナルクイズも解きながら、無料レンタルの懐中電灯と双眼鏡を手にして館内を巡ってみよう!
クイズを解くと記念品がもらえるチャンスも。

夜ならではの演出が施された空間で見る骨格標本は、昼間に比べてさらに迫力もあってテンションも上がります。
神秘的な太古の世界を存分に楽しんでみてくださいね。

唯一無二の演出がおもしろい島根が誇るレジャースポット『奥出雲多根自然博物館』

昼の入館者数も含めると全国から年間約2万人も訪れているという『奥出雲多根自然博物館』。

昼間の入館だけでも充分楽しめますし、「ちょっと変わった家族旅行がしてみたい」そんな人には恐竜ルームでの宿泊もオススメ!
“ココならでは!”の要素が盛りだくさんの博物館は、少しの時間でも思い出はたくさん、濃~い~のが作れそうです。

博物館の詳細は→【全国で唯一の「泊まれる博物館」大人気ナイトミュージアムで恐竜探検! | しまね観光ナビ|島根県公式観光情報サイト】

奥出雲多根自然博物館

オクイズモタネシゼンハクブツカン
電 話:0854-54-0003
住 所:島根県仁多郡奥出雲町佐白236-1 [MAP]
営 業:9:30~16:00
料 金:入館大人400円、高大生300円、小中生200円、未就学児無料
休 み:火曜(祝日の場合翌日)、12/30~1/1
駐 車:あり
情 報:HP Twitter Facebook Instagram

シェアする!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
編集部いしやん

タウン情報Lazuda

編集部いしやん

島根・鳥取のタウン情報誌「Lazuda」編集部スタッフ。島根県松江市出身→浜田市→大阪→奈良→松江市在住。「日刊Lazuda」では編集デスクを務めています(ただの机です)。喫茶店の冷えたおしぼりと、帽子が大好物な三十路。日刊Lazudaでは主にグルメ、ショップ、キッズ関係の記事を担当しています。あ、あとバツイチ&2児のシングルファーザーです。(←どうでもいい??)

twitter:https://twitter.com/Lazuda_com

facebook:https://www.facebook.com/tj.lazuda/

レジャー子連れ・家族旅行公園・遊び場おすすめスポットご当地グルメ・食材

人気の記事

人気記の事