500円で1000円分使える!スマホでお得に「しまねプレミアム観光券」が販売スタート

編集部いしやん
編集部いしやん

500円で1000円分使える「しまねプレミアム観光券」の使い方って?“お得に地元旅”の必携ツールをピックアップ

本日11月10日から取り扱いがスタートした「しまねプレミアム観光券」。
島根県内の対象施設で使えるプレミアム付き電子チケットで、なんと500円で1000円分が使える超お得なチケットなんです!

これまであまり行ったことがなかった観光施設だけでなく、これからの季節行きたくなる日帰り温泉の入浴料、子どもたちとの思い出作りにピッタリな観光体験など、幅広く使えるんですよ!

……とはいっても「電子チケットって何?」「どうやって使うん?」などなど、疑問もいろいろありそうなので、使い方などをまとめて紹介します。

そもそも「しまねプレミアム観光券」って何モノ?

「しまねプレミアム観光券」は、島根県内の対象施設で使えるプレミアム付きの電子チケット。プレミアム率もなんと50%と超お得です。
100円券が10枚つづりになっていて、最安は500円で1000円分が購入できます。

1000円分~5000円分の5種類があり、観光施設の入場料や利用料、さらには日帰り温泉の入浴料、観光体験の体験料などに使えるんですよ~!

利用できる施設はコチラ→【しまねプレミアム観光券 | しまね観光ナビ|島根県公式観光情報サイト】

「しまねプレミアム観光券」はどうやって買う?→専用サイト「パスミー」で

「しまねプレミアム観光券」は電子チケットです。そのため、購入には電子チケット販売・電子認証システムの「PassMe!(パスミー)」を利用します。

事前に会員登録が必要となりますが、FacebookまたはAmazonアカウントと連携させることもできるので、アカウントをお持ちならそちらも利用できるようです。

会員登録はコチラ→【無料会員登録|前売りチケットはPassMe!】

会員登録後は、パスミー上で「しまねプレミアム観光券」をキーワード検索。その後、チケットプランから買いたいタイプを選びましょう!

会員登録はパソコンでもできますが、結局、出先で電子チケットを利用するのはスマホになるので、スマホでやっておくのがいいかもしれませんね。

「しまねプレミアム観光券」はどうやって使う→施設でスマホ画面を提示するだけ

購入した「しまねプレミアム観光券」は、「パスミー」内のマイチケットというタブで確認できます。
「しまねプレミアム観光券利用」を選択し、使いたい施設を探すこともでき、地図や現在地から近い順に探すなども可能。

チケットは100円券ごとに利用できます。不足分は現金でも支払えるのでご安心を。

利用する際は、利用施設・枚数・金額を選び、受付スタッフに画面を提示しましょう。するとデジタルスタンプが押印されます。

お得になるだけじゃなくて豪華賞品が当たるスタンプラリーにも参加できる!

「しまねプレミアム観光券」は、50%のプレミアム率も魅力的ですが、豪華賞品が当たるスタンプラリーに参加できるのもポイント。

5000円相当の県産品詰め合わせ、しまね和牛、海の幸詰め合わせなど、利用施設の数などに応じて応募が可能。

スマホ・タブレットを利用している人であれば、県内・県外問わず購入・利用できる「しまねプレミアム観光券」。
「観光」と聞くと、どうしても「地元の人は関係ないよね~」となりそうですが、何かと外出しづらかった今年は、“地元再発見”をテーマにした地元旅も話題になっています。

観光施設のほかに、日帰り温泉施設やツアーなどの体験料などにも利用できるので、週末のおでかけにいろいろと活用できそうですよ~!

詳細はコチラをチェック→【しまねプレミアム観光券 | しまね観光ナビ|島根県公式観光情報サイト】

「しまねプレミアム観光券」まとめ
特典内容 1000円/冊(100円券×10枚)のチケットを500円で販売
購入方法 スマホから専用サイト「パスミー」で購入
使える施設 島根県内の観光施設
利用範囲 施設入場料・利用料、体験料に利用可能。
(施設で販売される物品代、お土産代、飲食代、宿泊費、交通費、駐車場代などには利用できません)
利用上限 1回の支払いあたり5冊まで(額面5000円分)
※同一人物が同一日、同一施設で利用できる上限額。
販売期間 2020年11月10日~2021年3月10日(上限に達し次第終了)
利用期間 2020年11月10日~2021年3月10日
シェアする!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
編集部いしやん

タウン情報Lazuda

編集部いしやん

島根・鳥取のタウン情報誌「Lazuda」編集部スタッフ。島根県松江市出身→浜田市→大阪→奈良→松江市在住。「日刊Lazuda」では編集デスクを務めています(ただの机です)。喫茶店の冷えたおしぼりと、帽子が大好物な三十路。日刊Lazudaでは主にグルメ、ショップ、キッズ関係の記事を担当しています。あ、あとバツイチ&2児のシングルファーザーです。(←どうでもいい??)

twitter:https://twitter.com/Lazuda_com

facebook:https://www.facebook.com/tj.lazuda/

カジュアルスポット・ショップレジャー子連れ・家族旅行公園・遊び場おすすめスポット島根県のイベント情報地元ニュース

人気の記事

人気記の事