松江観光のニューノーマルは「明治・大正ロマン」がオススメ!城下町をくまなく満喫するポイント【ラズダ広告】

編集部にっかんくん
編集部にっかんくん

明治・大正ロマンをテーマに城下町の風情を感じながら、古き良き日本を巡る松江旅

「日常から離れて旅先でゆっくりしたい…」とはいえ長期休みは取りにくいし、遠出は予算もかかりがち。
そこでオススメしたいのが「地元旅」

特に島根県松江市は、自然美と歴史が調和する水の都。
かつて多くの文豪に愛された風情ある町並みには、今なお明治・大正時代のロマンが息づいています。

ほんの束の間、日常を忘れて古き良き日本を巡る“時間旅行”へ出かけてみませんか?

松江市ってどんなところ?

歴史ロマンあふれる「水の都」

宍道湖や中海に囲まれた「水の都・松江」。街なかには江戸初期の城郭も残り、自然と歴史が調和した城下町です。
「日本三大菓子処」にも数えられるため、観光の際はお茶や菓子を味わっておくのもオススメです。

ReHappyキャンペーン実施中!

松江への宿泊観光なら、キャンペーン限定プランがお得です
食事も宿泊もお得に楽しもう!

詳しくは→→https://www.kankou-matsue.jp/rehappy

明治・大正ロマンを巡る「松江観光」の1泊2日オススメコース

明治・大正時代の面影が残る名所を、人気定番スポットとあわせて巡る、地元編集部オススメの満喫コースをご紹介します!

【1日目】10:00 『着物レンタル 堀川小町』で和服にお着替え

現地に着いたら、まずは着物レンタル屋でお着替え。

電 話:0852-23-7937
住 所:島根県松江市奥谷町316-2
営 業:9:00〜17:00
休 み:無休
料 金:4400円(ヘアセット込)

【1日目】11:00 風情あふれるメインストリート『塩見縄手』へ(所要約60分)

城下町を着物姿で散策。通りには和菓子処や武家屋敷風の建物が並んでいて、ぶら~り歩くだけでも雰囲気が味わえますよ。
武家屋敷などが建ち並ぶ堀端沿いの通り「塩見縄手」。
街の歴史をたどる『松江歴史館』や、かつての文豪の住まい『小泉八雲旧居』、人気和菓子処『喫茶きはる』をのんびり巡ろう。

【1日目】12:00 『松江堀川めぐり遊覧船』で船上から城下町見物♪(所要約50分)

散策後は、遊覧船に乗って松江市内を一周。四季によって様々に変わる船上からの眺めも見もの。

『国宝松江城』を囲む堀を小船でぐるっと一周。松江城下の風景をはじめ、自然や堀の美しさも一度に満喫できます。
冬季は船内にこたつを設けた「こたつ船」を運航

ぐるっと松江 堀川めぐり
電 話:0852-27-0417

住 所:島根県松江市黒田町507-1
営 業:始発9:00、最終16:00 *3月1日以降は最終17:00
料 金:中学生以上1500円、小学生800円、小学生未満は大人1名につき1名無料

【1日目】13:00 『ろんぢん 松江本店』で絶品ランチ(所要約60分)

大正ロマン溢れる空間でのんびり昼食。『ろんぢん』はしゃぶしゃぶやオムライスが人気のお店です。

入口付近の古時計は、大正時代から時を刻み続ける店のシンボル。創業以来受け継がれる自慢のしゃぶしゃぶや、「ハイカラオムライス」などの多彩な洋食を味わおう。

ろんぢん 松江本店
電 話:0852-22-3618

住 所:島根県松江市殿町267
営 業:ランチ11:00~15:00(OS14:30)、喫茶11:00~15:00(OS14:30)、ディナー17:00~21:00(OS20:30)
休 み:不定休

【1日目】14:00 国宝に指定される松江のシンボル『松江城』

全国唯一の「正統天守」を間近で見物してみよう。

電話:0852-21-4030
住所:島根県松江市殿町1-5

【1日目】14:20 気品あふれる洋館『興雲閣』で記念撮影(所要約60分)

『松江城』の敷地内にある明治建築のオススメ撮影スポット。入場無料なのもうれしい。

明治時代、松江市工芸品陳列所として建てられた洋館。
装飾や彫刻を多く用いた華麗な仕上げになっていて、貴顕室、白いベランダ、踊り場などを背景に記念撮影を楽しめます。
館内にはオシャレな喫茶室も併設されているんですよ。

興雲閣(コウウンカク)
電 話:0852-61-2100

住 所:島根県松江市殿町1-59
営 業:8:30~17:00(最終入館16:45)
休 み:無休
料 金:入館無料

【1日目】15:30 着物レンタル堀川小町

城と興雲閣を楽しんだら着物を返却しましょう。

【1日目】16:00 『袖師窯』で手作りならではの温かさにふれてみて

明治開業の窯元を見学。素朴で個性豊かな作品が多数です。

電 話:0852-21-3974
住 所:島根県松江市袖師町3-21

【1日目】16:40 外せない絶景!宍道湖の夕日(所要約60分)

雄大な宍道湖(しんじこ)に見る夕景は、「日本の夕陽百選」にも数えられる松江の象徴的な風景。近くの岸公園には”夕日がキレイな日だけ”営業するサンセットカフェもあります。

夕刻には、「美しさ日本一」とも称される宍道湖の絶景を見に行こう。

【1日目】17:50 明治創業の旅館『大橋館』で至福のひと時を

夕景を楽しんだ後は、明治創業の老舗温泉旅館へ。
客室からは宍道湖と風情漂う大橋川が望めるほか、夕食では山陰の恵みを活かした四季折々の日本料理が味わえます。

情緒あふれるノルタルジックな温泉旅館で一泊。客室からの景色も抜群ですよ〜!

大橋館(オオハシカン)
電話:0852-21-5168

住所:島根県松江市末次本町40
営業:チェックイン15:00、チェックアウト10:00
駐車場:40台

【2日目】10:00 河畔に立つ器のセレクトショップ『objects』

個性豊かな器と生活雑貨が並ぶ人気セレクトショップへ。

電話:0852-67-2547
住所:島根県松江市東本町2-8

【2日目】10:40 『カラコロ工房』のレトロな工房で手作り体験(所要約60分)

2日目は、レトロな空間『カラコロ工房』でじっくりモノづくりに挑戦してみよう。

かつて日本銀行松江支店だった建物を活用した『カラコロ工房』では、和菓子作り体験をはじめ、小物、アート、アクセサリーなど多種多彩な創作体験ができるのでオススメです。

カラコロ工房
電 話:0852-20-7000

住 所:島根県松江市殿町43
営 業:工房9:30~18:30
休 み:なし *12/30、1/1は休館
料 金:体験メニューによって異なる

【2日目】12:00 『季節の風(ときのかぜ) 藏』でご当地グルメを

しまね和牛や日本海の幸など地物の丼が人気の和食店。

電話:0852-21-2270
住所:島根県松江市東本町1-64

【2日目】13:15 玉造温泉街を散策♪美肌の湯をのんびり満喫(所要約90分)

午後は「美肌姫神の湯」でリフレッシュ!足湯や温泉コスメのお店を巡ろう。

「美肌の湯」として知られる松江市の玉造温泉街。

温泉には、アンチエイジング作用が期待できる硫酸イオン、潤い成分であるメタケイ酸などが豊富。
日帰り入浴や無料の足湯などで気軽に楽しむことができます。

触って祈ると願いが叶うとされる「願い石」は必ず体験しておきたい。

玉作湯神社(タマツクリユジンジャ)
電話:0852-62-0006

住所:島根県松江市玉湯町玉造508

【2日目】14:45 帰路


旅のオプションスポット4選

【2日目AM】京店商店街

レトロでおしゃれな雰囲気が漂う石畳の商店街。御朱印帳専門店や老舗のだんご屋が並ぶ。

電話:0852-26-5610
住所:島根県松江市末次本町

【2日目AM】日本庭園 由志園

1万坪の広さを誇る回遊式日本庭園。牡丹をはじめ、園内には季節ごとの花が咲き誇ります。

電話:0852-76-2255
住所:島根県松江市八束町波入1260-2

【2日目昼食後】松江フォーゲルパーク

宍道湖畔にある花と鳥のテーマパーク。たくさんの花や鳥と心ゆくまでふれあえる人気スポット。

電話:0852-88-9800
住所:島根県松江市大垣町52

【2日目昼食後】八重垣神社

松江市内屈指の縁結びスポット。境内の「鏡の池」では専用の占い用紙を使って縁占いができる。

電話:0852-21-1148
住所:島根県松江市佐草町227

松江市の観光全般に関するお問い合わせはコチラへ↓ ↓

松江観光協会
電 話:0852-27-5843
住 所:島根県松江市中原町19
情 報:https://www.kankou-matsue.jp/​

シェアする!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
編集部にっかんくん

タウン情報Lazuda アシスタントチーム

編集部にっかんくん

山陰のタウン情報誌「Lazuda」編集部に所属(?)。新しいコト、ウワサに目がないミーハー。当サイトのマスコットキャラクターも務める。

おしゃれスポット・ショップグルメカジュアルスポット・ショップ子連れ・家族旅行温泉・露天風呂絶景スポット・景観スイーツ・おやつ歴史・伝統体験おすすめスポットご当地グルメ・食材茶の湯