黄金色の海で香りはじける!『とり料理 さんぽう』の大山で育った絶品の「がいな鶏」のから揚げ

編集部べーやん
編集部べーやん

シンプルな味付けこそ美味の秘訣

昭和43年創業の鶏料理専門店『さんぽう』。鳥取県米子市にあるグルマンに人気の一軒です。

数ある料理の中でもロングセラーなのが、自然豊かな大山で長期間生育させた「がいな鶏」を使ったから揚げ。300~350gの骨付きムネ肉と手羽先を、肉本来の味を引き立てるために塩とパプリカのみでシンプルに味付け。

薄く片栗粉の衣を付けた後、高温の油で表面をカリッと固め、さらに低温の油でじっくりと火を通していきます。

ジャンボサイズなので食べ応えもあり、部位によって肉質や風味の違いが楽しめるのもポイント高し!

「からあげ」(1200円)は、昼夜問わず注文できる人気料理。
カウンターや小上がりがある1階席のほか、2階には30名収容できる広々とした座敷も。

とり料理 さんぽう

サンポウ

電 話:0859-22-5850

住 所:鳥取県米子市角盤町1-72

営 業:11:00~15:00(OS),17:00~21:00(OS)

休 み:月曜(祝日の場合営業)

駐 車:なし

情 報:HP

シェアする!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
編集部べーやん

タウン情報Lazuda

編集部べーやん

山陰のタウン情報誌「Lazuda」編集部、編集長。出雲市佐田町出身。入社以来、ラズダを作り続ける編集スタッフ。新しいラーメン屋には行かなきゃ気が済まないィィ性格(だそう)。日刊Lazudaでは超ローカルショートTV「Lazuda TV」の企画・編集・出演を務めています!

【HP】:https://www.youtube.com/channel/UCzuNKnW7hG9vnmy8mdbNheg

グルメカジュアルスポット・ショップ子連れ・家族旅行歴史・伝統ランチおすすめスポットご当地グルメ・食材