スタッフおすすめ記事

海士町発の秘伝デミソースが松江に!? “メシ呑み”に最適の一軒

おしゃれグルメカジュアル残したいモノランチ観光ご当地グルメ洋食

いしやん
タウン情報Lazuda編集部
いしやん

大山豚ロースかつと調和する秘伝のデミグラスソース

隠岐の海士町で45年余り洋食店を続ける両親のもとで育ったオーナーシェフが、受け継いだ秘伝のデミグラスソース料理を振る舞ってくれる洋食店。「島外の人もおいしいと通ってくれる味で育ち、自分が残したい」と、昨年、高校から暮らす松江に『カメノ食堂』をオープンさせました。

「トンカツ定食(大山豚)」は、脂が甘く、うま味も強い「大山ポーク」のロース豚をサックリと揚げ、コク深い熟成デミグラスソースをかけたひと皿。味の決め手となるソースのベースは、煮詰めたトマトピューレにタマネギ、ニンジン、セロリなどの野菜を加え、さらに鶏ガラ、牛スジを足して丁寧に熟成。そこへ、赤ワインや自家製ルーなどで味を調えたソースは、ほのかな甘みと酸味が効いた多層的な味わい。

せっかくなら、松江初の「生アップルシードル」(590円)を添えて、揚げ物×炭酸の最強ペアリングのもと、旨い食事とお酒を合わせて楽しむ“メシ呑み”をとことん満喫したいですね。

そのほか夜は、自家製のベーコンやロースハムなどもオススメ。

「トンカツ定食(大山豚)」(950円)はランチ・ディナー問わずオーダー可能。
野菜や肉などを10日以上煮込んだベースに、赤ワインなどで味を調えた秘伝のソース。
店内は木目調を基にしたスタイリッシュな雰囲気。メニューの一部はテイクアウトも可。

カメノ食堂

カメノショクドウ

電 話:0852-40-9247

住 所:島根県松江市寺町101-10

営 業:11:30~14:00(OS13:30),18:00~22:00(OS21:30)

休 み:水曜、第2・3木曜

駐 車:2台

情 報:Instagram

いしやん

タウン情報Lazuda編集部

いしやん

山陰のタウン情報誌「Lazuda」編集部スタッフ。日刊Lazuda編集担当。喫茶店の冷えたおしぼりと、帽子が大好物。日刊Lazudaでは主にグルメ、ショップ、キッズ関係の記事を担当する。2児の父。

人気の記事

人気の記事