醸造の街に新クラフトビール醸造所『サードバレルブリュワリー』。飲みすぎ注意

編集部あつきち
編集部あつきち

歴史街道、出雲市・木綿街道に新たな香りと文化を醸すブルワリー『サードバレルブリュワリー』誕生

江戸から明治時代にかけ、木綿の流通で栄えた出雲市平田町の「木綿街道」。

街道内には創業100年を超える老舗店をはじめ、出雲地方の伝統的な建築様式の町屋が多く現存。タイムトリップ気分に浸れる風情あるレトロな雰囲気が人気です。

最近では、新しいスポットも続々誕生していて、ますます魅力度がアップしてるんですよ。

そんなレトロ街道に、新たにクラフトビールの醸造所が誕生!

それが今回紹介する『3rdbarrelbrewery(サードバレルブリュワリー)』です。

『3rdbarrelbrewery』のお店の場所

『サードバレルブリュワリー』があるのは、「木綿街道」沿いで、隣にはイタリアンの『torattoria814』、向かいには日本酒醸造所『持田本店』があります。

営業時間は9:00~17:00。基本、月~金曜の平日のみオープンするお店ですが、日曜や祝日にお店を開く場合もあるようですよ。

【お隣のお店の紹介記事】[トラットリア814]出雲の木綿街道に立つ人気イタリアン。素材のうま味を引き出した料理が絶品

木綿街道の新たな発信拠点『サードバレルブリュワリー』でこだわりの詰まった極上の一杯を

『サードバレルブリュワリー』は、クラフトビールの製造・販売を行うブルワリーです。

「3rdbarrel」とは「3番目の樽」という意味。「木綿街道」には、日本酒の酒蔵や醤油の醸造所があるので、店名の通り、まさに“第3の醸造所”の誕生です。

新しいスポットですが、古民家をそのまま活用したお店は、「木綿街道」の趣きある街並みにも溶け込んでいます。

出雲の水で仕込んだ麦を丁寧に仕込み、飲み手や料理に寄り添ったクラフトビールに仕上げていく『サードバレルブリュワリー』。現在は全5銘柄のビールを取り扱います。

香ばしく、フルーティーさも兼ね備えた「錨-anchor-」は、バランスの取れた味わいで、おつまみにもよく合います。

このほか、コクと甘みの多重奏が楽しめる「帆-sail-」、グレープフルーツのようなさわやかな甘みが特長の「舵-rudder-」など、船にまつわるネーミングもステキですね。

店主にあれこれビールの味について質問しながら、好みの1本を選ぶ時間も楽しい!

ラベルのデザインもオシャレで、ジャケ買いしちゃいそう。お土産にもピッタリですね~。

店先の壁には栓抜きが!

粋な計らいに思わずにんまり。買ったら早速、プッシュ~!ってできちゃいますね!

樽テーブルも置かれているので、購入後すぐに、その場で飲むこともできるんです。

最近では量り売りもスタートしたんだとか。明るいうちから飲むビールは、間違いなく優勝です!

事前に予約すれば醸造所内の見学もOK!

『サードバレルブリュワリー』では、事前予約制で工場見学もできるみたい。

ビール造りのこだわりを聞きながら、丁寧に仕込まれている様子を見学。その後にいただくクラフトビールの味は、また格別なんでしょうね~。

夏が近づき、ビールが最高においしい季節がやって来ます。

出雲の地に新たに生まれたブルワリーのこだわり本格クラフトビールで乾杯しましょ♪

詳しい紹介はコチラ↓
レトロ可愛いスポットから最新スポットまで!新旧を感じる「木綿街道」へ|しまね観光ナビ

3rdbarrelbrewery

サードバレルブリュワリー
電 話:080-2399-2763(日本海貿易)
住 所:島根県出雲市平田町片原町812 [MAP]
営 業:9:00~17:00*平日のみ営業、日曜・祝日営業の場合あり
休 み:土・日曜
情 報:Instagram オンラインショップ

シェアする!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
編集部あつきち

タウン情報ラズダ編集部

編集部あつきち

日刊webラズダ編集部。鳥取県出身の元栄養士でありながらもっぱら食べる専門。
食べること、週末のビールをモチベーションに日々の業務に取り組んでいる(らしい)。好きな食べ物は大豆製品。最近のブームは焼肉。

【あつきちの過去の記事一覧はこちら】

ラズダ公式Instagram

あつきちのInstagram