“山陰愛”強すぎ!うま味凝縮の「かば」新メニューの正体は…カブ!?

編集部あつきち
編集部あつきち

山陰民なら誰もが知る居酒屋のド定番『炉端かば』。今度は伝統野菜とコラボ

こんにちは。山陰のタウン情報誌「ラズダ」の編集部あつきちです。

“山陰の居酒屋”と言えば、真っ先に名前が挙がる『炉端かば』。

みんな、きっと一回は行ったことあるよね!

山陰を中心に、今や全国展開もしている『炉端かば』に新メニューが登場。知る人ぞ知る、島根県の伝統野菜「津田かぶ」を使ったチャーハンが登場したみたいです!

ゴロっと豚肉がのった肉肉しいチャーハン。

その名も「肉のせ!令和の津田かぶ炒飯」(980円)

若い方にも喜んでもらえるように肉どっさり。さらにそこへ、たっぷりの「津田かぶ」の古漬を刻んで、一緒に炒めています。古漬けのうま味も相まって、ほかでは味わえないクセになる味わい。

さっぱりしたレモンサワーや日本酒なんかも合いそうですな~♪

シンプルにチャーハンを食べたい方には肉なしの「令和の津田かぶ炒飯」(680円)も。

山陰をはじめ全国の「かば」で提供中。チャーハンとドリンクで乾杯しよ♪

新メニューのチャーハンは、山陰はもちろん、全国の「かば」各店舗で提供中。

山陰では伯耆町『しゃぶしゃぶと海鮮 炉端かば伯耆町店』と鳥取市『炉端かば 鳥取湖山店』、『しゃぶしゃぶと海鮮 炉端かば雲南店』を除く、安来駅前本店、松江駅前店、出雲店、浜田店、三次店、加西店、鳥取駅前店、倉吉店、米子角盤店、米子駅前店にて提供中です。

販売は夜の営業時間のみになります。ちなみに、東日本と西日本でそれぞれ限定メニューがあるようなのでこちらも要チェックです。

※山陰外では岡山県の『山陰海鮮 炉端かば津山店』で提供していません。

そもそも「津田かぶ」ってどんな野菜?

「津田かぶ」は松江市東部の津田地区で昔から栽培されている赤かぶのこと。

生産されているほとんどが漬物として利用されます。

そんな伝統ある「津田かぶ」ですが、なんと近年は漬物離れが起こっているようで、消費量が減少。そのうえ生産農家さんまで減少しているらしい・・・。

そこで、「山陰活性化プロジェクト」と題し、若者にも津田かぶをおいしく食べてもらおうと工夫し、誕生したのが今回の新メニュー「令和の津田かぶ炒飯」。

ちなみに、「津田かぶ」の「古漬け」は、地元野菜の漬物が人気の出雲市・漬物専門店『けんちゃん漬けが昔ながらの製法で手作りしたもの。

・・・そりゃ、うまいよね!

つまりは、“津田かぶの危機”を、『炉端かば』が救おうと、今回の新メニューを提案したということなんですね。

かば、地元好きすぎ!(いや、私も好きだけども!)

炉端かばで「津田かぶ」入りチャーハンを食べて地元を応援!

少しずつ外食ができるようになってきましたね。

『炉端かば』で人気の新鮮な海鮮類メニューはもちろん、唐揚げや焼き鳥、そしてお酒とともに「令和の津田かぶ炒飯」、いかがでしょう?

テイクアウトOKなので、自宅でも「令和の津田かぶ炒飯」を味わえますよ♪

炉端かば 安来本店

ロバタカバ ヤスギホンテン
電 話:0854-22-2500
住 所:島根県安来市安来町2093-4 [MAP]
営 業:11:00~14:00,17:00〜24:00(OS23:00)*閉店時間は早まる場合あり
駐 車:30台
情 報:HP 

シェアする!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
編集部あつきち

タウン情報ラズダ編集部

編集部あつきち

日刊webラズダ編集部。鳥取県出身の元栄養士でありながらもっぱら食べる専門。
食べること、週末のビールをモチベーションに日々の業務に取り組んでいる(らしい)。好きな食べ物は大豆製品。最近のブームは焼肉。

【あつきちの過去の記事一覧はこちら】

ラズダ公式Instagram

あつきちのInstagram